消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

保護者会「学校に厳しい意見」。福島原発から避難した生徒が、イジメ

2016年12月07日 | 福島原発と全国の原発の危険な弱点と対策
保護者会「学校に厳しい意見」。福島原発から避難した生徒が、イジメ

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280


新潟市の小学校で、原発事故後、福島県から避難してきた児童が担任の教諭から名前にばい菌の「菌」をつけて呼ばれたとして、学校を休んでいる問題で、6日夜、緊急の保護者会が開かれ、保護者側から学校側の対応に厳しい意見が出されました。

この問題は、東京電力福島第一原発の事故後、福島県から新潟市に家族と避難している小学4年の男子児童が、先月、担任の男性教諭から名前にばい菌の「菌」をつけて呼ばれたとして、10日以上学校を休んでいるものです。
6日夜は、小学校で緊急の保護者会が開かれ、学校側などによりますと、児童から「同級生からばい菌のような扱いを受けた」と事前に相談を受けていたにもかかわらず、担任教諭が配慮を欠いた発言を行っていたことなど、校長が経緯を説明して謝罪したということです。
これに対して保護者側からは、担任の対応や学校全体として児童が同級生から受けていたいじめを認識できていなかったことなどに、厳しい意見が出されたということです。
出席した保護者は「児童に対しもっと適切な接し方をしていれば、防げたのではないか。学校の対応には納得はしていない」と話していました。
また、校長は保護者会が終わったあと「児童が1日も早く登校できるような環境作りを進めていきたい」と話していました。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「保護者会「学校に厳しい意見」。福島原発から避難」  2016年12月7日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 津波避難でマンションと協定... | トップ | カジノ法案。。依存症患者ら... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

福島原発と全国の原発の危険な弱点と対策」カテゴリの最新記事