消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

市民病院に勤務体制改善申し入れ。研修医が去年自殺。新潟市民病院。月の平均の残業時間が187時間

2017年06月09日 | 労働者の権利
市民病院に勤務体制改善申し入れ。研修医が去年自殺。新潟市民病院。月の平均の残業時間が187時間

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

新潟市民病院に勤めていた研修医が自殺したのは、長時間の残業による過労が原因だとして労災認定された問題で、9日、遺族が新潟市に対して実効性のある医師の勤務体制の改善に取り組むよう申し入れました。

新潟市民病院の研修医で去年自殺した木元文さん(37)について新潟労働基準監督署は長時間の残業による過労が原因だとして労災認定し、今月2日、病院に対して改善を求める是正勧告を行いました。
この問題で木元さんの遺族は9日、新潟市に対して、実効性のある医師の勤務体制の改善に取り組むよう申し入れました。
この問題では遺族側が電子カルテの操作記録などを基に調べた結果、亡くなるまでの月の平均の残業時間が187時間に上ったと主張しているのに対して、病院側は残業の申請は48時間だったとしています。
申し入れでは、記者会見での院長の「研修は労働時間に含まない」という発言について、労働環境の改善に向けてこうした考え方を改めるべきだとしているほか、医師の労働時間を客観的に把握すべきだなどとして、今月中の回答を求めたということです。
申し入れのあと県庁で記者会見した代理人の齋藤裕弁護士は、「関係者の意識を刷新していくしかない。法的な労働時間の管理が必要で、労働時間に対して適切な考えを持ってほしいというのが遺族の考えだ」と述べました。
========================================
  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「市民病院に勤務体制改善申し入れ。研修医が自殺。新潟市民病院」  2017年6月9日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
この「クリック」をクリックして表示される画面を「お気に入り」に登録してください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不正経理で不明金は3億円以... | トップ | 初動ミス、官邸後手に=「加... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

労働者の権利」カテゴリの最新記事