消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

入札予定価格漏えいで、倉敷市役所の職員を送検。

2017年06月22日 | 官庁の不正。汚職
入札予定価格漏えいで、倉敷市役所の職員を送検。

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280


倉敷市の41歳の主任が市の発注工事をめぐり入札情報を業者に漏らしたとして逮捕された事件で、警察は22日、この主任と業者のあわせて4人の身柄を岡山地方検察庁に送りました。
主任は予定価格の元になるデータを不正に入手し自ら計算して漏らしていたということで、警察はデータの入手経路などを調べることにしています。
送検されたのは、倉敷市企画財政部公有財産活用室の主任高橋和夫容疑者(41)と、倉敷市の会社「こうげ」の社長、高下学容疑者(41)など、あわせて4人です。
高橋主任は5月に行われた倉敷市発注の公民館の工事の入札をめぐり、高下社長らに予定価格などを事前に漏らしたとして官製談合防止法違反の疑いで、また高下社長らは公正な入札を妨害した競売入札妨害の疑いで20日逮捕されました。
工事の予定価格は材料費や労務費などをもとに積算されますが、警察のこれまでの調べで、高橋主任は公有財産活用室の部屋に保管されていたデータを不正に入手し、自ら予定価格を計算して漏らしていたことがわかりました。
警察はデータの入手経路など情報が漏えいした経緯を詳しく調べるとともに、業者側から見返りがなかったかなどについても引き続き捜査しています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「予定価格漏えいで市職員送検。倉敷市」  2017年6月22日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
この「クリック」をクリックして表示される画面を「お気に入り」に登録してください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自民党の豊田真由子衆議院議... | トップ | 県警本部長が 県議会で謝罪... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

官庁の不正。汚職」カテゴリの最新記事