消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

県議が政務活動費一部返還へ。ガソリン代。香川県議会

2016年10月29日 | 県・市会議員の政務調査費・海外視察の返還
県議が政務活動費一部返還へ。ガソリン代。香川県議会

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

県議会のさぬき市選挙区選出の議員が、ガソリンスタンドで30分以内に2回、車に給油し、代金の半額を政務活動費から支出したことが分かり、代金の計上に誤りがあったとして、返還の手続きをしました。
返還の手続きをしたのは、県議会のさぬき市選挙区選出で、会派「リベラル香川」に所属する民進党の木村篤史議員(44)です。
政務活動費収支報告書によりますと、去年12月29日の午前、さぬき市のガソリンスタンドで30リットル余りを車に給油して3787円を支払い、その24分後に、同じスタンドで39リットル余りを給油して4960円を支払いました。
また、ことし2月22日の夜にも徳島県北島町のスタンドで、48リットル余りを給油した30分後に、同じスタンドで39リットル余りを給油しそれぞれ代金を支払いました。
香川県議会では、ガソリン代は2分の1以内を政務活動費から支出でき、木村議員は代金の半額を政務活動費から支出しましたが、代金の計上に誤りがあったとして、28日にそれぞれ1回目の給油についてあわせて4267円の返還の手続きをしました。
木村議員は「乗っていた車は1度に70リットル以上、給油できず、給油したのはいずれも2回目だけで、1回目は別の人のレシートを間違って取ってしまったのではないかと思う」と話しています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年02月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「県議 政務活動費一部返還へ。香川県議会」  2016年10月29日
http://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8033968821.html?t=1477749358771
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウイルス遺伝情報壊す酵素開... | トップ | 政務調査費の詐欺容疑で、県... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

県・市会議員の政務調査費・海外視察の返還」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事