消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

詐欺などの疑い 社協職員逮捕。滋賀県湖南市の社会福祉協議会

2016年10月18日 | 官庁の不正。汚職
詐欺などの疑い 社協職員逮捕。滋賀県湖南市の社会福祉協議会

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

認知症の人などの口座を管理する福祉事業で、滋賀県湖南市の社会福祉協議会の職員が、利用者の口座から、現金を不正に引き出していたことが発覚した問題で、警察は18日、職員を詐欺などの疑いで逮捕しました。
逮捕されたのは、湖南市社会福祉協議会の生活支援員で、嘱託職員の牧田聡美容疑者(48)です。
警察によりますと、牧田職員は、ことし6月、利用者から預かっていた通帳と印鑑を金庫から無断で持ち出し、湖南市内の銀行で、利用者から頼まれたように装って、現金11万円をだましとった、詐欺と窃盗の疑いが持たれています。
調べに対して、容疑を認めているということです。
協議会では、職員が去年1月から先月にかけて、管理していた5人の口座から、現金210万円を20回にわたり不正に引き出していたことが内部調査で発覚し、今月4日、公表したうえで、警察に被害届を出していました。
職員は、10万円を利用者の口座に戻していましたが、その他の200万円については、弁済する意思を示す一方、使い道は明かさなかったということで、協議会は、17日付けで懲戒解雇としました。
警察は、不正に引き出された他のケースについても、捜査する方針です。
湖南市社会福祉協議会の谷口三彦事務局長は、「大変残念で情けない。甘い管理体制から起きた事件であり、真摯に受け止めて、再発防止につとめたい」と話しています。
滋賀県社会福祉協議会によりますと、滋賀県内では、ことし8月末の時点で、認知症のお年寄りや障害のある人など1420人が口座の管理を依頼する事業を利用しているということです。
県内すべての市と町の社会福祉協議会に対して同じような不正がないか点検を指示しましたが、問題は見つかっていないということで、「他に同じような不正はないとみられる」としています。
県社会福祉協議会の馬場八州男総括次長は、「判断能力の乏しい人のために設けられた事業を使ってこのような逮捕者が出たことは悲しく遺憾だ」と話しています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年02月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「詐欺などの疑い 社協職員逮捕。滋賀」  2016年10月17日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 抗がん剤「オプジーボ」で心... | トップ | 少年の逮捕容疑を誤って発表... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む