消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

大阪大学教授倉本洋被告を追起訴。現金190万円収賄などの罪で起訴

2017年01月25日 | 官庁の不正。汚職
大阪大学教授倉本洋被告を追起訴。現金190万円収賄などの罪で起訴

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

大阪大学での共同研究をめぐる汚職事件で、収賄などの罪で起訴された教授が千葉市の会社に便宜を図った見返りに現金190万円余を受け取ったなどとして収賄などの罪で追起訴されました。
追起訴されたのは、大阪大学大学院工学研究科の教授で休職中の倉本洋被告(57)です。
起訴状によりますと、倉本教授は、千葉市にある建築部材の製造会社と無断で共同研究を行い、得られたデータを会社側に提供するなどの見返りに現金190万円余を受け取ったほか、大学の研究費約490万円を流用して大学に損害を与えたとして収賄と背任の罪に問われています。
検察は教授が起訴された内容を認めているかどうか明らかにしていません。
倉本教授は、別の建設会社2社から現金770万円余を受け取ったとして収賄などの罪ですでに起訴されていて、警察によりますと、受け取った金は先物取引など私的に使ったとみられるということです。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「阪大汚職 教授を追起訴。大阪。」  2017年1月25日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誤認逮捕で無罪判決の、補償... | トップ | 熊本県の小国町副町長(総務... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む