消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

部活に休養日求めるチラシ作成。宮崎県。土曜日と日曜日のいずれも休養日に設定していない学校に

2017年04月21日 | 子供・おとな安全
部活に休養日求めるチラシ作成。宮崎県。土曜日と日曜日のいずれも休養日に設定していない学校に

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

宮崎県内の中学校の運動部では、土曜日と日曜日のいずれも休養日に設定していない学校が全体の4割に上り、教員の長時間労働などにつながっているとして、県教育委員会は土日のどちらか1日は部活動を休みにするよう呼びかけるチラシを作り、すべての中学校に配布することにしています。
これは20日開かれた県教育委員会で、事務局から報告されたものです。
スポーツ庁が去年行った部活動の調査によりますと、宮崎県の中学校の運動部では、土曜日と日曜日のいずれも休養日に設定していない学校が全体の4割に上っています。
土日に行う部活動の1日当たりの長さは男子が4時間1分、女子が3時間48分で、全国平均に比べて男子で58分、女子で41分長くなっています。
教育委員会が新たに作ったチラシでは、現状は顧問の教諭と生徒双方の負担になっているとして、土曜日と日曜日のいずれかを「休養日」とすることや、県などが「家庭の日」と定めている第3日曜日は、優先的に休みにすることを呼びかけています。
県教育委員会ではこのチラシを各市町村を通じて、県内のすべての中学校に配布することにしています。
呼びかけに強制力はありませんが、県教育委員会では「子どものけがの防止や家族と過ごす時間を増やす効果も期待できるので、学校の決まりとしてぜひ休養日を設定してほしい」と話しています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「部活に休養日求めるチラシ作成。宮崎県」  2017年4月21日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 元副所長に懲役2年6か月求... | トップ | 東日本大震災。津波で岩手県... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む