消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

「組合介入嫌い復職させず」判断。神奈川県労働委が減額賃金や賞与の支払いを命令。神奈川歯科大学

2017年06月13日 | 労働者の権利
「組合介入嫌い復職させず」判断。神奈川県労働委が減額賃金や賞与の支払いを命令。神奈川歯科大学

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

神奈川県横須賀市にある神奈川歯科大学が、病気で休職後、復職を希望した保健師の女性を復職させなかったことについて、神奈川県労働委員会は女性が加盟する労働組合の介入を嫌って認めなかったと判断し、大学に対し減額された賃金や賞与の支払いを命じました。

神奈川歯科大学の保健師の女性が、脳の病気で平成25年4月から休職したあと、医師の診断で就労が可能だとして復職願を出しましたが、大学が復職させなかったため、女性が加盟する労働組合が平成26年2月に神奈川県労働委員会に救済を申し立てました。
女性はその後、復職しましたが、申し立てについて神奈川県労働委員会は「大学は労働組合の介入を嫌って復職を認めなかった。その判断に合理性は認めらず、組合活動にも影響を及ぼすおそれがある」と判断し、復職までに減額された賃金と賞与を支払うよう、大学に命じました。
神奈川歯科大学は「命令の内容には不服で国の中央労働委員会へ再審査の申し立てを検討する」とコメントしています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「「組合介入嫌い復職させず」判断。神奈川」  2017年6月12日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
この「クリック」をクリックして表示される画面を「お気に入り」に登録してください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画「君の膵臓をたべたい」... | トップ | 群馬県庁が 河川監視カメラの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む