消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

東日本大震災遺構の荒浜小を親子で学ぶ。宮城県仙台市。月・木曜日を除き午前10時~午後4時に無料で公開

2017年05月06日 | 東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
東日本大震災遺構の荒浜小を親子で学ぶ。宮城県仙台市。月・木曜日を除き午前10時~午後4時に無料で公開

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

  1節。相川の意見。
このブログの関連記事
「震東日本大災遺構の荒浜小学校内部を公開。宮城県仙台市の」
2017年04月27日
  クリック 

  2節。ニュース。
東日本大震災の教訓を伝える震災遺構として4月末から一般公開が始まった、仙台市の荒浜小学校には、こどもの日の5日、多くの親子連れが訪れ、一部が壊れたままの校舎を見て回るなどして、津波の恐ろしさを学んでいます。
仙台市若林区の荒浜小学校は、6年前の震災で校舎の2階まで津波に襲われ、校舎に避難した人は全員救助されたものの、地区でおよそ200人が犠牲になりました。
校舎は、震災遺構として保存するための改修工事が行われたあと、4月末から一般公開が始まり、こどもの日の5日は、午前中から多くの家族連れなどが訪れています。
訪れた子どもたちは、親から説明を聞くなどしながら、津波の跡が残る教室や当時の被害の状況を記したパネルなどを熱心に見て回っていました。
また、当時の津波の様子や救助された人のインタビューなどが上映されているコーナーでは、子どもたちは、映し出される映像に真剣な表情で見入っていました。
埼玉県から訪れた小学4年生の女の子は、「2階の壁が崩れているところを見て津波は怖いと思いました。帰ったら友達に津波のことを教えてあげたいです」と話していました。
荒浜小学校は原則、月曜日と一部の木曜日を除き午前10時から午後4時まで無料で公開されています。
=========================================
  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「震災遺構の荒浜小 親子で学ぶ」  2017年5月5日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 尾白川渓谷で滑落して小学生... | トップ | 半年間で休日4日によって急... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む