消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

百日草の育て方

2008年10月01日 | 園芸
百日草 の育て方。

 相川哲弥 2008年10月1日。

  0。現状。
150円の種、1袋150円を買って、初めて育てた。約40本植えた。35本が育った。その鼻ガからできた種がこぼれて芽が出たのが、今10個咲いている。この分では、今年の霜が降りるころまで咲いているらしい。
花屋で花の苗を買うと1本100円位する。うまくいった。ただし、タネをまいて咲くまで2カ月間、待つ必要が有る。

  1。タネ。
スイカよりも小さいが、大き目の種。 150円のタネを1袋買うと、40個入っている。
  2。タネをまく時期。
4月にプランター(幅45センチ、奥行き15センチ、高さ15センチ)にまいた。
10日くらいで芽が出た。雑草の芽も出てきて、2種類以上の子葉が出てきたが、種の袋に、子葉のカラー印刷があったので、見分けができた。
  3。定植。
20日くらいあとに、地面に植え替えた。種が大きいので成長も早い。まもなく地面にもともとあった雑草も芽が出てきたが、しかし百日草の芽のほうがどんどん大きくなる。雑草を1本ずつ抜いた。
  4。散水。
岡山市は、雨が少なく直射日光が強いので、朝と夕方に茎の根元の土に水をかけた。晴れの日でもしおれることも無かった。ただし、つぼみが開花直前の大きさに成ると、つぼみが下向きになるくらいに首がしおれた感じになるので、あわて水をまいた。しかしこれは、つぼみが重いのと、茎が柔らかいのに原因が有るらしいことに、気がついて、あわてて水をやることは、やめたが、以後はおきなかった。
9月になって、雨が時々降るたびに草丈が急に伸びていった。ただし雨が2~3日降り続くと、花やつぼみが腐ることが有る。
  5。開花。
6月下旬ごろから花が咲き始めた。1本の苗に、同時に1~3個の花が咲く。つぼみから満開まで3日かかる。
百日草やゼラニュームは、花が咲いて花びらが散った咲きガラをスグに摘み取らないと、種ができて、種に栄養を沢山取られるせいか、あとの花が咲かなくなる。
  6。育て方の工夫。
自然に伸びると背丈が1メートル50センチにもなる。強い雨が降ると、倒れやすい。
園芸書には、「切花にするには、自然のままに伸ばす。鉢や庭に植えたまま鑑賞するには、早い時期に(草丈が15センチくらいに伸びたころに?)テッペンの芽を摘むと脇から枝が伸びて沢山花が咲く』と書いて有る。だから、草丈も低くて、倒れにくい。花も沢山つく。
  7。肥料。
コメを炊く時のとぎ汁や、炊いたあとで炊飯器を洗った時のご飯のヌルヌルが溶けた洗い水を、草の根元に毎日まいた。これが良かったのか、ちょうどぐんぐん伸びだすタイミングと一致したのか、そのころから草丈がぐんぐん伸びて行った。化学肥料や堆肥など、他の肥料は全然やっていない。
  8。病気と害虫。
病気も害虫も、全然起きなかった。手間がかからない。夏のカンカン照りの間も、水をやら無くてもしおれる気配は無い。

ジャンル:
我が家
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大学生協の問題点 | トップ | 帝王貝細工の育て方 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

園芸」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事