消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

大阪府が 森友学園問題受け 認可手続き見直しへ。森友学園の規制緩和要望 知事だった橋下氏「僕の失態」

2017年03月15日 | 子供・おとな安全
大阪府が 森友学園問題受け 認可手続き見直しへ。森友学園の規制緩和要望 知事だった橋下氏「僕の失態」

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

===========================

大阪府 森友学園問題受け 認可手続き見直しへ

NHK  「」  2017年3月15日
  クリック 

学校法人「森友学園」が、小学校の認可の申請で事実と異なる内容の書類を提出した疑いが出ていることを受けて、大阪府の担当者は府議会で、虚偽の書類を提出した学校法人に一定期間、認可の再申請を認めないなど手続きを見直すことを明らかにしました。

大阪府議会では、15日、各常任委員会が開かれ、学校法人「森友学園」が、大阪・豊中市に建設していた小学校について質疑が交わされました。

教育常任委員会では、森友学園が小学校の認可の申請で、事実と異なる内容の書類を提出した疑いが出ていることを受けて、吉本馨私学課長が「今後は必要に応じて原本を確認するなど、厳密な方法を検討したい。虚偽の書類を提出した場合は、一定期間、認可の再申請を認めないなどの条項を審査基準に盛り込むことも検討したい」と述べ、認可の手続きを見直すことを明らかにしました。
=======================================
森友学園の規制緩和要望 知事だった橋下氏「僕の失態」

NHK  「」  2017年3月15日
  クリック 

学校法人「森友学園」が、私立学校を開校する際の基準を緩和するよう要望した6年前に大阪府の知事だった橋下徹氏は、自身のツイッターに、「僕の失態」などと書き込みました。

森友学園の籠池泰典理事長は、橋下徹氏が知事だった平成23年7月に大阪府の私学課を訪れ、私立学校を開校する際の基準を緩和するよう要望していました。

それまでは、借入金で私立学校を開校できるのは、小学校や中学校などを運営した実績がある学校法人に限られていましたが、大阪府は、後任の松井知事が就任したあとの平成24年4月に、こうした制限をなくしました。

その後、大阪府の私学審議会はおととし1月に、森友学園の小学校を条件付きで認可するのが適当だとする答申をまとめました。

これに関連して、橋下氏は15日、自身のツイッターに「僕が知事をやっていたときに規制緩和と審査体制強化をワンセットでやらなければならなかった。ここは僕の失態です。事実上は僕の知事時代に進んでいたことであり、僕の私学審議会体制強化が不十分だったことが原因だ」と書き込みました。

一方、松井知事は、自身のツイッターに「認可判断にミスがあるとすれば、私学新規参入の規制緩和実施後の審査体制を見直さなかった僕にある」と書き込みました。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「」  2017年3月15日
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 県議交通費など実費支給の見... | トップ | 大阪府 森友学園問題受け 認... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む