消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

TPP特別委で参考人質疑。 民進・共産欠席。今月中の衆議院通過を目指して審議を急ぎたい政府・与党

2016年10月25日 | 市民意見を議会に反映
TPP特別委で参考人質疑。 民進・共産欠席。今月中の衆議院通過を目指して審議を急ぎたい政府・与党

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

ーーーーーーーーーーーーーーーー
TPP特別委で参考人質疑。 民進・共産欠席

テレnews24  2016年10月21日 12:24
  クリック 

 TPP(=環太平洋経済連携協定)の承認案を巡る与野党の攻防が続いている。承認案を審議する特別委員会は21日、民進党、共産党が欠席する中、参考人質疑が行われた。

 承認案の今月中の衆議院通過を目指して審議を急ぎたい政府・与党だが、野党側は「強引な委員会運営だ」と反発を強めている。
 TPP承認案の強行採決の可能性に言及した山本農水相の発言に端を発した与野党の対立が続く中、与党側は民進党と共産党の了解を得ないまま、21日朝の委員会を開会した。これに両党は抗議した上で退席し、両党欠席のまま参考人質疑が行われた。

 民進党・今井理事「これ問題起こしてるのは与党とか政府ですからね。解決策を見いださないで強引にこんなことを進めるなんて言語道断ですから」

 今月28日の採決を目指して事態を打開したい与党側は、民進・共産両党が欠席する中、24日に行うことを議決した地方公聴会を26日に遅らせることを提案している。しかし、野党側は28日に強引に採決しないことを確約するよう求め、協議は平行線が続いている。

 国民の生活に大きく影響する可能性もあるTPPを巡る審議は、不正常な状態のまま進んでいる。
TPP特別委で参考人質疑。 民進・共産欠席

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年02月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TPP特別委で参考人質疑。... | トップ | 「押入れ・クローゼットで、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市民意見を議会に反映」カテゴリの最新記事