消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

くまもと型復興住宅 第1号完成。建築基準法の1.5倍の耐震性や1000万円

2017年04月29日 | 東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
くまもと型復興住宅 第1号完成。建築基準法の1.5倍の耐震性や1000万円

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

熊本地震で被害を受けた住宅の再建を促すため、価格を抑え、耐震性を向上させた「くまもと型復興住宅」の最初の住宅が宇城市に完成し、住宅を建てた夫婦が内装などを笑顔で確認していました。

「くまもと型復興住宅」は、熊本県が被災した人たちの住宅再建を促そうと、建築基準法の1.5倍の耐震性や1000万円程度に価格を抑えることなどを条件に認定し、県内の工務店や住宅メーカー各社が売り出しています。
その初めての住宅が完成し、注文した宇城市の菅原満夫さん(62)夫婦が業者の説明を受けながら、木をふんだんに使った内装やキッチンを確認し、笑顔を見せていました。
菅原さんは、以前の自宅が地震で全壊し、今は仮設住宅で暮らしているということです。
完成した住宅は、木造平屋建ての2LDKで、鉄製の筋交いの本数を増やすなどして耐震性を向上させたということです。
菅原さんは「安心で安全な住宅に住みたいと思って、くまもと型復興住宅をお願いしました。思ったより広くてよかったです」と話していました。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「くまもと型復興住宅 第1号完成」  2017年4月29日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 九州電力の来月の電気料金は... | トップ | 政務活動費不正か4人を書類... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗」カテゴリの最新記事