消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

人のいない歩道から、車だらけの車道に自転車を下ろして、事故が増えるのでは?群馬県は

2011年11月07日 | 子供・おとな安全
人のいない歩道から、車だらけの車道に自転車を下ろして、事故が増えるのでは?群馬県は

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 2011年11月6日

自転車の走行スペースが設けられた歩道。歩道に人通りは少なく、隣の車道は混み合う(5日、前橋市で)

 警察庁が自転車の車道通行を徹底させる通達を出したことを受け、群馬県警は、県内全域の道路で実態調査を始めた。

 東京など大都市部では、歩行者が多い歩道で危険走行を繰り返す自転車が問題視されているが、
車社会の群馬では、人が歩いていない歩道も多く、
全国一律でのルール徹底の号令に不安の声も上がっている。

 同庁の通達「自転車交通総合対策」は10月25日付。
自転車ブームを背景に急増する自転車と歩行者の事故を防ごうと、
道交法の原則に戻り、自転車を車両として扱うことを徹底するよう全国の警察本部に求めた。

 自転車は本来、歩道を走行できないが、
「幅2メートル以上」で「自転車通行可」の指定を受けた歩道では、例外的に走行が許され、
許可外の歩道走行もお目こぼしされることが多かった。

 そのため同庁は、基準を「幅3メートル以上」に変更し、
改めて車道通行のルールを利用者に守らせるよう通達。
車線を減らし、色分けされた「自転車通行帯」を設けたり、自転車道を整備したり、具体的な対策を検討するよう指示した。

 通達を受けた県警では10月末、
県内の「自転車通行可」の歩道1885区間、延べ2356キロ・メートルについて、周辺道路も含めて交通実態を調査するよう各警察署に指示。歩道の幅や通行量のほか、将来的に自転車通行帯が設置できるか判断するために路側帯の幅も調べるよう求めた。

 県警は年内をめどに調査を終え、年明けから区間ごとに対応方針を決定。
自転車通行帯を設置したり、
車道のゼブラゾーンを廃止して車線を引き直したりする
など、個々の対策を打ち出す。完了までに数年かかるとみられ、方針が決まった路線から順次、県や市町村に予算計上を求める。

 通達では、各警察本部に一定の裁量を認めており、県警は今後、「原則」と「地域の実情」のバランスをにらみながら判断する。

 ただ、自動車1台あたりの人口が全国1位の「車王国」の群馬では、自転車利用者もドライバーも戸惑っている。
通学で自転車に乗る前橋市の男子高校生(17)は「ラッシュ時に、体が車と接触したことがある。車道は怖くて走りたくない」と話し、
車を毎日運転するという同市の主婦(33)も「車道を走る自転車は、危なっかしい」と話す。

 全国統計では、歩行者と自転車の事故は、昨年2760件で、2000年(1827件)の1・5倍に増加したが、
県内は昨年30件で、00年(35件)と同水準。
一方、自転車と車の事故は昨年、県内で3136件と対歩行者事故の100倍以上で、

県警幹部の一人は「大都市部と群馬では、事情が違う。人のいない歩道から、車だらけの車道に自転車を下ろして、むしろ事故が増えるのではないか」と、頭を悩ませている。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年02月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください。


読売新聞 『歩道ガラガラでも自転車は車道…困惑の車王国』 2011年11月6日
 クリック 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 津波・地震災害などの地域防... | トップ | 量販店「ドンキホーテ」でエ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む