消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

小中学生は一時高台へ避難。三重県尾鷲市。近畿地方で震度4の地震

2016年11月20日 | 東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
小中学生は一時高台へ避難。三重県尾鷲市。近畿地方で震度4の地震

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

==========
小中学生は一時高台へ避難。三重県尾鷲市。

NHK  「」  2016年11月19日
  クリック 

震度4の揺れを観測した三重県尾鷲市では地震の発生直後から防災行政無線で、海岸付近では念のため津波に注意するよう呼びかける放送が流されました。

街の中心部にある尾鷲中学校では地震の直後に生徒たちが津波に備えて高台へ避難しました。
女子生徒は「急に揺れてびっくりしたがすぐ机の下に隠れた。そのあと、みんなで高台へ走って避難しました」と話していました。
男子生徒は「最初は揺れに驚いた。
リュックだけを持ってとにかく高いところへ逃げようと必死だった」と話していました。

避難した高台から児童を連れて学校へ戻ってきた矢浜小学校の男性教諭は「突き上げるような揺れだった。子どもたちは避難訓練通りに机の下に隠れ、落ち着いて行動できた」と話していました。
女子児童は「机の下に隠れようとしたら揺れていてこわかった。津波が来ないか心配だった」と話していました。

11月19日
=====================================
尾鷲 店舗のガラス割れる。三重県尾鷲市

NHK  「」  2016年11月19日
  クリック 


震度4の揺れを観測した三重県尾鷲市では、市内の自動車販売店でショールームの大きなガラスが割れる被害がでました。
けが人はいませんでした。
三重県尾鷲市矢浜にある三菱自動車販売・尾鷲矢浜店では、地震の揺れでショールームの縦横3メートルある大きなガラスの一部が割れる被害がでました。
ガラスの破片が店内や外の道路に散らばりましたが、当時、周囲には人はおらず、けがをした人はいませんでした。
自動車販売店の奥地信之マネージャーは「緩やかな横揺れが20秒ほど続いたあと、大きな縦揺れが来てガラスがバシンと割れる音がしました。お客さんがいなかったが不幸中の幸いで、ガラスが割れることは想定していなかったので、びっくりしました」と話していました。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桜島で初めて夜間に避難訓練... | トップ | 鳥インフルで緊急対策会議。... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む