消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

日野町事件再審請求 証人尋問へ。滋賀

2017年06月02日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
日野町事件再審請求 証人尋問へ。滋賀

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

昭和59年に滋賀県日野町で女性が殺害され、強盗殺人の罪で無期懲役の判決を受け、服役中に死亡した元受刑者の遺族が求めている再審、裁判のやり直しを認めるかどうかについて、捜査機関が作成した調書などを検証するため、元警察官らに対する証人尋問が7月から行われることになりました。
昭和59年、日野町で酒店を経営していた69歳の女性が殺害され、この店をよく利用していた阪原弘元受刑者(75)が強盗殺人の罪で無期懲役の判決を受けました。
阪原元受刑者は無罪を主張し、再審、裁判のやり直しを求めていましたが、服役中の平成23年に75歳で病死し、遺族4人が改めて再審を求めています。
1日は、裁判所と検察、それに弁護側による36回目の協議が大津地方裁判所で非公開で行われました。
弁護団によりますと、協議では、店から奪われた金庫が捨てられた場所へ阪原元受刑者に案内させるなどして作成した調書や、遺体の置かれた状況などについて検証するため、当時の警察官2人と検察官、それに、自白した方法では殺害出来ないと鑑定した医師の合わせて4人を証人として尋問することが決まったということです。
弁護団によりますと証人尋問は、捜査を担当した元警察官2人と元検察官が来月、医師は9月の予定です。
伊賀興一弁護団長は、「証人尋問が認められたことは意義がある。
再審が開始されることを強く期待する」と話しています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「日野町事件再審請求 証人尋問へ。滋賀」  2017年6月1日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 書記官の記録が、被告弁護士... | トップ | 警察官が盗み繰り返し書類送... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

無実市民の有罪判決を防ぐ」カテゴリの最新記事