消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

政務活動費返還求め監査請求。宮城県議会

2016年10月13日 | 県・市会議員の政務調査費・海外視察の返還
政務活動費返還求め監査請求。宮城県議会

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

仙台市の市民グループは、宮城県議会の自民党会派が、パソコンなどの購入のためおよそ1700万円あまりを会派の政務活動費から支出していたのは「条例に違反している」などとし、県に対し、自民党会派から返還させるよう求める監査請求を行いました。
監査請求を行ったのは、弁護士などでつくる市民グループの「仙台市民オンブズマン」で、12日に宮城県庁を訪れ、県監査委員事務局に書類を提出しました。
それによりますと、県議会の自民党会派は、平成25年3月からことし2月までのおよそ3年間の間に、議員の事務費としてパソコンやプリンターなど総額1700万円あまりを会派の政務活動費で購入していたということです。
これについてオンブズマン側は、県の条例で、事務費は議員が行う政務活動のために使う費用であり、政務活動を行う環境整備に充てることは適当ではなく、条例に違反しているほか、購入時期が年度末に偏っており、余った政務活動費の使い切りと考えざるをえないなどとして、無駄遣いを改めさせるべきだと指摘しています。
そして、県に対し、自民党会派からパソコンの購入費などを返還させるよう求める監査請求を行いました。
県監査委員事務局は13日から60日以内に審査結果を回答することにしています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年02月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「政務活動費返還求め監査請求。宮城」  2016年10月12日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 警察が逆走した車について誤... | トップ | いくらかかる?誰が払う?原... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む