消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

滋賀県の暴言県議、また政活費返還へ 今度はリゾートホテル代 領収書に2人分の入湯税記載

2016年10月01日 | 県・市会議員の政務調査費・海外視察の返還
滋賀県の暴言県議、また政活費返還へ 今度はリゾートホテル代 領収書に2人分の入湯税記載

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

滋賀県の吉田清一県議(69)=自民党=の昨年度の政務活動費の収支報告書で、昨年5月に浜松市を視察した際に同市内の会員制リゾートホテルに宿泊した領収書(約2万8千円)に、2人分の入湯税計300円が記載されていたことが10日、分かった。

 吉田県議は同行者がいたことを認め「県民の理解を得られない」として、宿泊代の半額を返還する方針。吉田氏は今年3月、選抜高校野球に初出場した滋賀学園の選手らに「1回戦負けしろ」と受け止められる発言をしたとして批判された。

 吉田県議は、収支報告書に静岡県熱海市のMOA美術館視察と記載しながら、実際は100キロ以上離れた浜松市のホテルに宿泊していたと今月2日に発表。報告書を訂正し、交通費の一部を返還したばかりだった。

 吉田県議は取材に「後援会の男性と一緒に同じ部屋に宿泊した」と説明。「泊まった人数にかかわらず部屋代は変わらないという判断だったと思う」と釈明した

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年02月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

産経新聞  「滋賀の暴言県議、また政活費返還へ」  2016.6.10 21:22更新
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レジで売上金着服。2900... | トップ | 浸水区域の学校で津波避難訓... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む