消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

生活保護者の遺産持ち帰り免職。名古屋市生活保護の担当職員

2017年03月30日 | 官庁の不正。汚職
生活保護者の遺産持ち帰り免職。名古屋市生活保護の担当職員

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

名古屋市の40歳の職員が、生活保護を受けていた男性が亡くなった際、
遺産として一時的に預かった現金約45万円を無断で自宅に持ち帰ったとして、市は29日付けで懲戒免職の処分にしました。
懲戒免職になったのは、名古屋市港区役所に勤務する40歳の職員です。
名古屋市によりますと、職員は生活保護の担当をしていた平成21年1月、保護を受けていた男性が亡くなった際に、遺産として一時的に預かった現金約45万円を無断で自宅に持ち帰ったということです。
市の聞き取りに対し、「意図的に使ってはいないが自宅に持ち帰って生活費の中に紛れ込んでしまった」と話しているということです。
その後、現金は職員が遺族に返還したということですが、市は公金を不適切に取り扱ったとして、29日付けで懲戒免職の処分にしました。
名古屋市人事課の杉浦弘昌課長は、「公務員としての自覚に欠け、市民の信用を損なう行為で、深くおわびします」と話しています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「生活保護者の遺産持ち帰り免職。名古屋市」  2017年3月29日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不正給油の元・津市職員・参... | トップ | ディオバン事件、東京地検が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

官庁の不正。汚職」カテゴリの最新記事