消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

全国の都市圏の活断層の地図。岡山県の奈義町と津山市にまたがる「声ヶ乢断層」の地図

2016年11月26日 | 東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
全国の都市圏の活断層の地図の閲覧手順。岡山県の奈義町と津山市にまたがる「声ヶ乢断層」の地図

2016年12月13日に訂正。

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

  0節。 注意。
このブログ記事の通りに操作したい場合は、
このブログ記事の全文を、紙に印刷してから、 手順の操作を始めると、よい。

理由。 「クリック」ボタンをクリックすると、別のホームページの画面に切り替わってしまって、
現在、見ている、手順説明画面が、読めなくなるため。これを紙に印刷しておけば、操作手順が紙印刷にを見て、読める。




  1節。 都市圏の活断層の地図の、記号の説明。
国土地理院ホームページの

地理院ホーム > 地図・空中写真 > 主題図(地理調査) > 都市圏活断層図について

「都市圏活断層図について」ページ    クリック 

に、全国の活断層の地図が、掲載されています。

活断層の記号の説明は

そのページの

項目「図に記載されている内容」
の中の
「 記号一覧(PDF形式:203KB)」をクリックいてください。



  2節。 「津山東部」と、「声ヶ乢断層」の「都市圏活断層図」を見る手順。

  手順1、 国土地理院ホームページの、

地理院ホーム > 地図・空中写真 > 主題図(地理調査) > 都市圏活断層図について

「都市圏活断層図について」    クリック 

の文字列「クリック」をクリックすると

「都市圏活断層図について」ページが表示される。

  手順2。 画面の左側の項目「都市圏活断層図を見る」の(例えば) 「中国地域」をクリックすると
「都市圏活断層図 中国地域整備範囲」ページが表示される。

  手順3。 地図の中の「180 津山東部」をクリックすると、
地図画面「地理院地図」が表示される。その地図の右上スミと左上スミに、赤色の記号が表示される。この赤色記号が、活断層の記号です。

  操作方法4。 地図表示画面範囲のどこかにマウスポインタを移して、マウスの右ボタンを押したまま、上下左右に移すと(動かすと)その向きに、「画面表示する土地範囲」が変わる。

  手順5。 地図の右上スミと左上スミに、赤色の記号が表示されているから、活断層の記号が、現在表示の範囲の上の範囲に、たくさんあると予想して、
操作方法4によって、現在の範囲よりも上(北)の範囲に変える。
(地図表示画面範囲のどこかにマウスポインタを移して、マウスの右ボタンを押したまま、下向きに移す(動かす)と、活断層の赤色記号がたくさん表示される)。その活断層の記号が、地図画面の中央に来るようにする。

このとき「声ヶ乢断層」(こえがたわ・だんそう)と「那岐山断層」(なぎせん)「那岐池断層」(なぎいけ)の、3個の活断層と、
以上の3個の活断層の総称として「那岐山断層帯」が、書いてある。

このとき、画面には、上側に断層地図、下側に標準地図があって、重なっているが、
この地図表示では、赤色の活断層記号と、断層に関係する記号だけが濃く表示されるが、その下の標準地図が、ほとんど、見えない。

  操作方法6。 地図画面の左下スミに「+」と「-」のボタンが表示されている。
その「+」のボタンをクリックすると、上側に断層地図、下側に標準地図がの、同時に、地図の縮尺が、上がる(1段階、拡大表示になる)。
「-」のボタンは、逆。

  手順7。 「+」のボタンをクリックを表示するたびに、下側の標準地図が、かなり鮮明に表示される。
小さい黒色の長方形は、1個ずつが、住宅や建物を表す。

「那岐池断層」の「池」の漢字のすぐ下(南)や「那」の漢字の下の「新野山形」のそばには、たくさんの小さい黒色の長方形(じゅうたくなど)があることがわかる。「那岐池断層」が動いて地震が起きると、これらの住宅などには、強い地震の被害に襲われる恐れが強い。
この右端の、地名「片山」や「広栄」も同様。

「那岐山断層」の赤色線の左端すぐの地名「下分」も同様。

「声ヶ乢断層」の左端の地名「奥津川」も同様。

活断層地図の画像見本。





=====================================================
  3節。 別の、閲覧手順。岡山県の奈義町と津山市にまたがる「声ヶ乢断層」(こえがたわ・だんそう)の地図の、閲覧手順
国土地理院ホームページの

地理院ホーム > 2016年 報道発表資料 > 活断層の詳細な位置等を整備した都市圏活断層図を公開

「活断層の詳細な位置等を整備した都市圏活断層図を公開」ページ    クリック 

の「クリック」を、クリックすると、
「活断層の詳細な位置等を整備した都市圏活断層図を公開」ページが表示される。

そのなかの項目「添付資料」の中の

「資料1-3 都市圏活断層図(那岐山断層帯(山崎断層帯)とその周辺) 「津山東部つやまとうぶ」 公開位置図  PDF版 【907KB】」

「資料4    都市圏活断層図 「津山東部つやまとうぶ」 の一部  PDF版 【547KB】」

をクリックしても、活断層の地図は、表示されるが、2節の地図と違って、地図縮尺を拡大することは、できないから、
付近に住む人が、
「自分の住宅や勤め先会社や通学先学校のすぐ近くを、活断層が通っているか」
を知ることができない。

  4-0節。 全国の、ほかの活断層地図の閲覧方法。

2節の手順の説明を参考にする。

2節と4節の方法は、最大、縮尺9000分の1の地図に活断層を表示できる。

  4節。 全国の活断層の地図の「都市圏活断層図」を見る手順。
国土地理院ホームページの

地理院ホーム > 地図・空中写真 > 主題図(地理調査) > 都市圏活断層図について

「都市圏活断層図について」ページ    クリック 

に、全国の活断層の地図が、掲載されています。


  手順1、 上記の「クリック」をクリックすると、

地理院ホーム > 地図・空中写真 > 主題図(地理調査) > 都市圏活断層図について

の「都市圏活断層図について」ページが表示される。

  手順2。 画面の左側の項目「都市圏活断層図を見る」の(例えば) 「近畿地域」をクリックすると
「都市圏活断層図 近畿地域整備範囲」ページが表示される。

  手順3。 地図の中の「90 大阪西北部」をクリックすると、
地図画面「地理院地図」が表示される。その地図の右上スミと左上スミに、赤色の記号が表示される。この赤色記号が、活断層の記号です。
  「甲陽断層」の名前が、書いてある。

  操作方法4。 「画面表示する土地範囲」の変え方。 地図表示画面範囲のどこかにマウスポインタを移して、マウスの右ボタンを押したまま、上下左右に移すと(動かすと)その向きに、「画面表示する土地範囲」が変わる。

  手順5。 地図の左上スミに、赤色の記号が表示されているから、活断層の記号が、地図表示画面の中央になるように
操作方法4によって、変える。
(地図表示画面範囲のどこかにマウスポインタを移して、マウスの右ボタンを押したまま、右下向きに移す(動かす)と、活断層の赤色記号がたくさん表示される)。その活断層の記号が、地図画面の中央に来るようにする。

このとき「甲陽断層」が、書いてある。

このとき、画面には、上側に断層地図、下側に標準地図があって、重なっているが、
この地図表示では、赤色の活断層記号と、断層に関係する記号だけが濃く表示されるが、その下の標準地図が、ほとんど、見えない。

  操作方法6。 地図の縮尺の変え方。 地図画面の左下スミに「+」と「-」のボタンが表示されている。
その「+」のボタンをクリックすると、上側に断層地図、下側に標準地図がの、同時に、地図の縮尺が、上がる(1段階、拡大表示になる)。
「-」のボタンは、逆。

  手順7。 「+」のボタンをクリックを表示するたびに、下側の標準地図が、かなり鮮明に表示される。
  地図の左下スミの「距離モノサシ」が「500m」と、なっている。
  これを「300m」や「100m」に、なるまで、繰り返すと町名や施設名の文字が鮮明に見える。下側の標準地図の文字が見えてくる。
  小さい黒色の長方形は、1個ずつが、住宅や建物を表す。
  「関西学院大」の文字も見える。「文」記号は、小学校、中学校、高校の、学校の記号です。

  その「文」記号の、学校名を知りたければ、
  その「文」記号を、操作方法4によって、地図画面の中央に移してから、
  「距離モノサシ」が「30m」と成るまで「+」記号を、くりかえし、クリックする。
  「私立関西学院中等部」「市立上ヶ原小学校」「県立西宮高等学校」「西宮市消防局瓦木消防署甲東分署」などの文字列が表示される。


活断層地図の画像見本。






  5節。
このブログの次の記事も、参照。
「県内に新たな活断層見つかる。岡山県奈義町広戸山南」
2016年11月22日
  クリック 

上記のブログ地図は、「標準地図の、どの範囲を、活断層が通っているか」が、わかりにくい。

3節と4節の方法は、最大、縮尺9000分の1の地図に活断層を表示できる。

「山形県の活断層(地震の原因)地図。活断層上に県施設が有るが、「誤解される」と山形県庁が名前を非公表」
2016年05月04日
  クリック 

「活断層(地震の原因)上の県有施設を公表。山形県庁が。「誤解される」と、いったん、施設名を非公表したが
2016年05月09日
  クリック 

「活断層(地震の原因)付近に山形市保有5施設。耐震診断助成に多くの申し込み。山形
2016年05月17日
  クリック 

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地震への意識が、沿岸と内陸... | トップ | 南海トラフ巨大地震の「津波... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事