消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

体育施設利用料着服疑い。女逮捕。岐阜県岐南町。納入利用料金400万円不足。対策は領収書付番号印刷

2017年05月18日 | 官庁の不正。汚職
体育施設利用料着服疑い。女逮捕。岐阜県岐南町。納入利用料金400万円不足。対策は領収書付番号印刷

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

  1節。相川の意見。
再発防止対策は、このブログの次の記事。
「広島県信用組合の元支店長が、詐欺容疑で逮捕。再発防止対策は、領収書用紙の付番号印刷と書き損じ保存
2016年02月19日
  クリック 

  2節。ニュース。
岐南町で町が委託した業者から、納められる運動場などの利用料金が、年度によって大きく違うなど、不自然な点が見つかった問題で、警察は利用料金の一部を着服したとして徴収業務を委託された大手スポーツ用品メーカー「ミズノ」のグループ会社の元従業員の女を業務上横領などの疑いで逮捕しました。
逮捕されたのは、「ミズノ」のグループ会社の元従業員で、岐阜市に住む杉本加奈恵容疑者(37)です。
この問題は岐南町が「ミズノ」とグループ会社に徴収業務を委託していた町の運動場などの利用料金の納められる金額が、年度によって大きく違うなど、不自然な点が見つかったものです。
町の相談を受けて、警察がことし2月まで、徴収を担当していた杉本容疑者から事情を聞いた結果、おととし、利用料金のうち16万円余りを着服した疑いが強まり、18日、業務上横領などの疑いで逮捕しました。
警察の調べに対して、杉本容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているということです。
岐南町によりますと、納められた利用料金は約400万円不足しているということで、警察では動機や余罪について調べることにしています。
「ミズノ」の広報担当は「グループの元スタッフが逮捕されたことは誠に遺憾で、深くおわび申し上げます」とコメントしています。
また、岐南町は「全容が解明されるよう、警察の捜査に協力していきたい」とコメントしています。
======================================
  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「体育施設利用料着服疑い。女逮捕。岐阜県岐南町」  2017年5月18日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 警察署職員を、保管期限の切... | トップ | 雇い止め 弁護士が無料電話相... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む