消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

捜査協力の男に懲役2年 北海道警・調書捏造事件

2016年12月24日 | 警察・検察・裁判・刑務所・弁護士の不正
捜査協力の男に懲役2年 北海道警・調書捏造事件

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

 北海道警の元警部補が覚醒剤捜査で捏造(ねつぞう)した調書の作成に協力したとして、証拠隠滅罪などに問われた覚醒剤密売人とされる長谷川好和被告(51)に対し、札幌地裁は22日、懲役2年(求刑懲役2年6月)の判決を言い渡した。

 中桐圭一裁判官は判決理由で、捏造した調書で捜索令状を取り「捜査手続きの適正を害した結果は重大。供述者として調書に署名しており、不可欠な役割を果たした」と指摘し、弁護側による「調書の内容を認識していなかった」との主張を退けた。

 判決によると、長谷川被告は昨年4月、早坂洋平元警部補(38)=懲戒免職、証拠隠滅罪などで有罪確定=と共謀し、自らが覚醒剤購入を仲介した50代の男について仲介の事実を隠した上で「男が覚醒剤を持っているのを見た」とするうその供述調書を作成。同5月、この調書を基に美唄署が捜索令状を取ったとしている。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

産経新聞  「捜査協力の男に懲役2年 北海道警・調書捏造事件」  2016年12月23日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「来年度の税制改正大綱」解... | トップ | 都市ガス自由化前に説明会。広島 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

警察・検察・裁判・刑務所・弁護士の不正」カテゴリの最新記事