消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

警察が逆走した車について誤って発表。正しい目撃情報伝わらず。新潟県警

2016年10月13日 | 警察・検察・裁判・刑務所・弁護士の不正
警察が逆走した車について誤って発表。正しい目撃情報伝わらず。新潟県警

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

================
逆走 正しい目撃情報伝わらず。新潟県警

NHK  「」  2016年10月12日
  クリック 

新潟県柏崎市で起きた車の逆走事故をめぐり、警察が逆走した車について誤って発表していた問題で、正しい目撃情報が現場の警察官に寄せられていたにも関わらず、その内容が警察署の幹部には伝わっていなかったことが警察への取材でわかりました。
警察は、担当者らに聞き取りを行い、情報伝達のミスが起きた原因を調査することにしています。

この事故は、10日夜、新潟県柏崎市の国道116号線で、軽ワゴン車と乗用車が正面衝突し双方に乗っていた2人が死亡したもので、警察は、軽ワゴン車が道路を逆走したと誤って発表していました。
警察は、衝突によって2台の車の位置関係がよくわからなくなっていたことなどが誤りにつながったと説明しています。
さらに乗用車が逆走していたという正しい目撃情報が、現場にいた柏崎警察署の警察官に伝えられていたことが警察への取材でわかりました。
この情報は、その後、現場にいた別の警察官にも伝えられましたが、署の幹部には伝わらず、正しい目撃情報が生かされなかったということです。
警察は、当時、対応した警察官らに聞き取りを行い、情報伝達のミスが起きた原因を調査することにしています。
新潟県警察本部は「ご遺族の方々に多大なご迷惑をかけ大変申し訳ない。真相究明に務めたい」としています。

10月12日
======================================

逆走 警察幹部が遺族に謝罪。新潟県警

NHK  「」  2016年10月12日
  クリック 

この問題で、11日夜遅く、逆走した車を運転していたと警察に発表された石川浩さんの自宅を柏崎警察署の幹部2人が訪れ、遺族に謝罪しました。

この中で警察の幹部は長男の裕之さんや親族に対し「多大なるご迷惑をおかけし、大変、申し訳ございませんでした」と謝罪したということです。
そのうえで警察側からは、事故当時の詳しい状況のほか、情報伝達のミスなど不備があり、発表の誤りにつながったといった経緯が説明されたということです。
これを受けて長男の裕之さんは「警察の説明にある程度は納得できたが、謝って済む問題なのかという思いは残る。2度と同じことが起きないよう警察には当事者の立場に立ってあらゆる可能性を考え、捜査を尽くしてほしい」と話していました。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年02月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハザードマップで把握ごく少... | トップ | 政務活動費返還求め監査請求... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む