消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

犯罪被害者にも「当番弁護士」…大阪、全国初。日弁連「当番弁護士とは」。「被疑者ノート」

2016年11月08日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
犯罪被害者にも「当番弁護士」…大阪、全国初。「当番弁護士とは」。「被疑者ノート」

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280


  1節。相川の意見。
「日本弁護士連合会」ホームページの
「「当番弁護士」とは」    クリック 

「被疑者ノート」    クリック 

  2節。 ニュース。

 大阪弁護士会は、犯罪被害者の要請に応じて専門の弁護士を無料で派遣する当番弁護士制度をスタートさせた。

 捜査機関に逮捕された容疑者のための当番制度は全国の弁護士会が実施しているが、被害者向けの取り組みは例がない。大阪弁護士会は「被害発生後の早い段階から法的支援を充実させたい」としている。

 犯罪被害に遭った場合、被害の届け出や、告訴、示談交渉、裁判での被害者参加制度の利用など、弁護士を必要とする場面は多いが、「誰に相談すればいいかわからない」「ショック状態で外出が困難」などの声が同弁護士会に寄せられていたという。このため、積極的に支援しようと10月上旬に制度を設けた。

 殺人や傷害、性犯罪などが対象で、窃盗や詐欺など金銭的な被害の犯罪は除く。被害者支援制度に詳しい犯罪被害者支援委員会のメンバーが、被害者の求めに応じて出向く。


 大阪弁護士会は、犯罪被害者の要請に応じて専門の弁護士を無料で派遣する当番弁護士制度をスタートさせた。

 捜査機関に逮捕された容疑者のための当番制度は全国の弁護士会が実施しているが、被害者向けの取り組みは例がない。大阪弁護士会は「被害発生後の早い段階から法的支援を充実させたい」としている。

 犯罪被害に遭った場合、被害の届け出や、告訴、示談交渉、裁判での被害者参加制度の利用など、弁護士を必要とする場面は多いが、「誰に相談すればいいかわからない」「ショック状態で外出が困難」などの声が同弁護士会に寄せられていたという。このため、積極的に支援しようと10月上旬に制度を設けた。

 殺人や傷害、性犯罪などが対象で、窃盗や詐欺など金銭的な被害の犯罪は除く。被害者支援制度に詳しい犯罪被害者支援委員会のメンバーが、被害者の求めに応じて出向く。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2

月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

読売新聞  「犯罪被害者にも「当番弁護士」…大阪、全国初」  2016年11月7日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大津波想定 ビルへ避難訓練。... | トップ | 「トイレ行かせぬ違法な調べ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む