消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

刑務作業中に看守部長から暴行・暴言、和解成立。太ももを蹴られたり、「ばか」「死ね」などの暴

2016年12月28日 | 警察・検察・裁判・刑務所・弁護士の不正
刑務作業中に看守部長から暴行・暴言、和解成立。太ももを蹴られたり、「ばか」「死ね」などの暴言

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

 鳥取刑務所内での刑務作業中に当時の看守部長から暴行や暴言を受け、睡眠障害に陥ったなどとして、受刑者が国に慰謝料など計110万円を求めた訴訟は26日、鳥取地裁で和解が成立した。
 同刑務所によると、国が原告に和解金を支払う。金額については、原告側、被告側ともに明らかにしていない。

 訴状では、原告は炊事場での作業に従事していた2013年11月頃から約7か月間にわたり、看守部長から太ももを蹴られたり、背中をたたかれたりしたほか、「ばか」「死ね」などの暴言を受けたと主張。同刑務所は事実関係を認め、14年8月に原告に謝罪していた。

 和解成立を受け、同刑務所の小林祐一所長は「受刑者に対する不適切な処遇があったことを重く受け止めている。再発防止に努めたい」とコメントした。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

読売新聞  「刑務作業中に看守部長から暴行・暴言、和解成立」  2016年12月27日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 警察官に贈賄の罪で 有罪判決... | トップ | パトカー事故で巡査部長処分... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

警察・検察・裁判・刑務所・弁護士の不正」カテゴリの最新記事