消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

神戸連続殺傷事件裁判の 元裁判官・弁護士を、弁護士会が処分。元裁判官“納得できない”

2016年12月13日 | 子供・おとな安全
神戸連続殺傷事件裁判の 元裁判官・弁護士を、弁護士が処分。元裁判官“納得できない”

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

  2節。ニュース。
神戸連続殺傷 元裁判官を処分。兵庫

NHK  「」  2016年12月13日
  クリック 

  クリック 

18年前、神戸市で起きた小学生連続殺傷事件の少年審判の決定文の全文が、去年、月刊誌に掲載された問題で、大阪弁護士会は、少年審判を担当した元裁判官で会員の弁護士が、全文を提供したのは法律家としての守秘義務に反するとして、業務停止3か月の懲戒処分にしました。
懲戒処分を受けたのは、大阪弁護士会に所属する元裁判官の井垣康弘弁護士(76)です。
大阪弁護士会によりますと、井垣弁護士は、平成9年に神戸市で起きた小学生連続殺傷事件で、家庭裁判所の裁判官として、当時中学3年生だった少年の少年審判を担当し、医療少年院に送ることを決めました。
井垣弁護士は、退官したあとの去年4月、元少年の成育歴や犯行前後の心情などが詳しく記された少年審判の決定文の全文を、月刊誌「文藝春秋」に提供し、掲載されました。
また、去年6月、元少年の手記が出版されたあとには、井垣弁護士しか知り得ない事実を含む記事を「文藝春秋」に寄せていました。
大阪弁護士会は、こうした行為が、「法律家としての守秘義務に反していて、少年法の趣旨にも反し、事件関係者に多大な苦痛を与えかねない」として、13日付けで、井垣弁護士を業務停止3か月の懲戒処分にしました。
===================================
元裁判官“納得できない”

NHK  「」  2016年12月13日
  クリック 

懲戒処分を受けたことについて元裁判官の井垣康弘弁護士はコメントを発表し、「処分にはまったく納得できていない。
私が作った決定文の全文では、元少年はスパルタ教育という名の虐待を受け続け、“自己肯定感”が持てない中学生に育ったことが分かる。
しかし家庭裁判所の所長が勝手に要旨を作って発表したため、世間は元少年をモンスター扱いした。
元少年の更生のためにも世間の認識を改めさせるためにも全文の公表は避けられないと常に思い続けていた」としています。
また、「少年のプライバシーを公開してはならないという意見もあるが、成育歴を明らかにして初めて適切な保護を与えることが許される」としています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「」  2016年12月13日
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 学校・教委の、いじめ不適切... | トップ | ブラック求人に、罰則強化へ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

子供・おとな安全」カテゴリの最新記事