消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

運転免許を返納した65歳以上に、毎年14万円分のタクシー券。1年間有効。宮崎県西米良村が

2016年11月25日 | 子供・おとな安全
運転免許を返納した65歳以上に、毎年14万円分のタクシー券。1年間有効。宮崎県西米良村(にしめらそん)が

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

高齢ドライバーの事故が全国で相次ぐ中、宮崎県西米良村は運転をやめたお年寄りに14万4000円分のタクシー券を渡すことになり、きょう最初の1人の女性に券が手渡されました。
村内の各地区と診療所などがある村の中心部との間を24回往復できる額で、村では「不自由なく外出できるようにして運転免許の返納を促したい」と話しています。

タクシー券の交付を受けたのは去年、運転免許の更新をせずに期限が切れた89歳の黒木光子さんで、きょう、村役場で黒木定蔵村長からタクシー券が入った袋を受け取りました。
村によりますと
村内の各地区から、スーパーや診療所などがある村の中心部に行くのに平均で3000円ほどかかるということで、
1か月に2往復、年間に24回往復できるよう、14万4千円という額を設定した
ということです。
満65歳以上で
▽運転免許を自主的に返納したり、
▽期限が来た時に更新しなかったりした人
が対象で、有効期限は1年間
です。
黒木さんは「車がなくて寂しい思いをしていましたが、診療所やスーパーに行くときにこの券を使い、健康に暮らしていきたいです」と話していました。
宮崎県警察本部によりますと県内ではほかにも免許を返納した人にタクシー券を渡している自治体はありますが、1万円あまりのところが多く、
「10万円を超える額は全国的にも珍しいのではないか」と話しています。
西米良村の黒木村長は「できるだけ不自由なく外出できるようにすることで、運転免許の返納を促していきたい」と話しています。

国土地理院地図。  宮崎県西米良村の村役場が地図の中心
  クリック 

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「免許返納で14万円分のタク券。宮崎県西米良村」  2016年11月24日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国民健康保険が2年後に市町... | トップ | 福井県内の原発警備の、岡山... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む