消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

岡山市、保育所入園方式見直しへ 市長方針「利用調整」点数優先に。今年4月の待機児童1636人は、不変

2017年03月04日 | 子供・おとな安全
岡山市、保育所入園方式見直しへ 市長方針「利用調整」点数優先に。今年4月の待機児童1636人は、不変

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

======================================
  1節。 相川の意見。
岡山市長大森雅夫氏は、3月3日の市議会本会議で

2節ニュースのことを述べた。
ーーーーーーーーーーーー
岡山市の、今年4月の待機児童1636人は、不変
ーーーーーーーーーーーーー

 (「1人の児童」は「入園希望の保育所」を「第1志望」「第2志望」「第3志望」まで、、出せるが、)
岡山市の保育所の入園児童選考方式を

現在のやり方は、、
それぞれの保育所が、
手順1。   その保育所の第1志望者」だけを「母親の入園必要程度の点数」の高い順に入園許可にして、
手順2。    保育所の定員に、残りがあれば、手順1によって入園許可のない志望者だけについて
      「その保育所の第1~2志望者」だけを「母親の入園必要程度の点数」の高い順に入園許可にして、
手順3。さらに、保育所の定員に、残りがあれば、手順1~2によって入園許可のない志望者だけについて
      「その保育所の第1~3志望者」だけを「母親の入園必要程度の点数」の高い順に入園許可にする。、
というようなことを、するようです

「点数優先」のやりかたは
全部の保育所について、
全部の志望者を、点数の高い順に、「第1志望の保育所に、割り当てていく(入園許可にする)」。
というようなことをするようです

一般的に、言葉で書き表すのは、難しいので「ようです」と、書いてあります。

「母親の入園必要程度の点数」は
岡山市役所ホームページの
「保育の必要性」の事由の区分による点数表(基礎点数表)」    クリック 

具体例による、「現行方式」と「点数優先方式」の違い。(9節の山陽新聞のニュースの付属pdfファイル)
  クリック 

その画像見本





2種類の方式の違いを、わかりやすくするために

入園希望の子供が、次の7人の子供だけ、、
保育所が     「A園」 「B園」 「C園」 の3個だけ

の場合について
「現行方式」と「点数優先方式」を、当てはめて、比べている。


たろう君      E子        G男        J子
 点数 20点   点数 25点    点数 22点    点数 19点
第1志望 A園   第1志望 A園   第1志望 B園   第1志望 C園
第2志望 B園  
第3志望 C園  


          F男        花子さん      あきら君
          点数 22点    点数 18点    点数 8点
          第1志望 A園   第1志望 B園   第1志望 C園
                    第2志望 C園


============================================--

  2節。ニュース。
 2月定例岡山市議会は3日、質問戦を続行。河田正一(共産党)、松田隆之(自民党)、竹之内則夫(公明党)、田口裕士(自民党)、東原透(同)、太田栄司(おかやま創政会)の6氏が市政全般をただした。大森雅夫市長は、市内の認可保育所への入園希望者の利用施設を決める「利用調整」について、
現行の「第1希望者(優先方式)」から、
「保護者の就労状況など保育の必要性に応じて配分される点数」を優先する方式に
見直す方針を表明した。
来春の入園希望者から適用する方向で準備を進める。

 竹之内氏は「点数が高い子どもが確実に入れる方法になっていない」などと指摘。
市長は「保育の必要性が高い子どもが結果的に入れない仕組みなら、第1希望優先から点数優先に見直す必要がある。
遅くとも今年秋にはシステム改修を終え、保護者に内容を知らせたい」と答えた。

 現行の利用調整では、
入園したい施設を第3希望まで指定して申し込むが、
第1希望者で施設の受け入れ枠が埋まった場合、
その施設を第2、第3希望した子どもは、入園が決まった第1希望者より点数が高くても入れない。

新たな方式では、点数が高ければ枠に達した第2、3希望の施設に入ることが可能になる見通し。

 市就園管理課によると、政令指定都市の多くが、点数優先の方式を導入している。市は今春入園者の調整結果を分析・検証した上で、早急に見直し案を取りまとめる方針だ。

 今春に市内の認可保育所へ入園を希望した子どもの数は、2月の2次申し込み段階で、前年同期を518人上回る
過去最高の1万7131人。
このうち、入園が内定したのは1万5495人で、
1636人は入園先が決まっていない。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

山陽新聞  「岡山市、保育所入園方式見直しへ 市長方針「利用調整」点数優先に」  2017年3月3日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都府立医大副学長「創設以... | トップ | ヤマト運輸(クロネコヤマト... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

子供・おとな安全」カテゴリの最新記事