消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

検察職員が深夜に騒ぎ施設利用禁止。関東地方の検察庁の検察官と職員

2017年08月09日 | 警察・検察・裁判・刑務所・弁護士の不正
検察職員が深夜に騒ぎ施設利用禁止。関東地方の検察庁の検察官と職員

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280


去年10月、東京高等検察庁の管内の検察職員が千葉市内の運動施設で開催した宿泊を伴うサッカー大会で、参加者の一部が深夜に騒ぎ周辺住民に迷惑をかけたとして施設側から当面の間の利用禁止を言い渡されていたことがわかりました。

東京高等検察庁によりますと、問題となったのは去年10月29日から30日にかけて千葉市にある「東京大学検見川総合運動場」で開かれた「東京高等検察庁管内サッカー大会」です。
この大会には管内の東京、さいたま、千葉、水戸、宇都宮、前橋、横浜の7つの地検の職員、あわせて160人が参加していましたが、施設に宿泊した一部の職員が深夜に正門の前などで騒ぎ、周辺の住民から注意を受けたということです。
このため施設側から「深夜の騒音や指定時間外の外出などのルール違反があった」として職員が宿泊しなかった千葉以外の6つの地検が当面の間、宿泊を伴う施設の利用禁止を言い渡されたということです。
東京高等検察庁は「当庁の職員が関係者にご迷惑をかけたことは遺憾であり、国家公務員としての自覚を再認識させ節度ある行動を取るよう指導したい」としています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「検察職員深夜に騒ぎ施設利用禁止」  2017年8月8日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「新入社員研修が苦痛で自殺... | トップ | 全国のガン患者の「5年生存... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む