消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

政務活動費。新たに2人・成田光雄・浦田邦昭市議も、不正。ビールや食事の代金。富山市議会

2016年10月01日 | 県・市会議員の政務調査費・海外視察の返還
政務活動費。新たに2人・成田光雄・浦田邦昭市議も、不正。ビールや食事の代金。富山市議会

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

富山市議会自民党会派の成田光雄議員は、実際には使わなかった市政報告会の看板代などとしてあわせて6万円あまりを不正に受け取っていたことを明らかにし「政務活動費のルールを理解しておらず反省している」と述べて謝罪しました。
成田議員はきょう、富山市役所の議会棟で会見し、おととし11月に富山市内のホテルで開いた市政報告会で、開催を告知するために製作し、実際には使わなかった看板の製作費や、報告会の会場代に、本来、政務活動費としては認められない後援会の会合の会場代も含めて請求し、あわせて6万4000円の政務活動費を不正に受け取っていたということです。
成田議員は、「政務活動費のルールを理解しておらず反省している。
政務活動費をこうした形で使ってしまい申し訳ない」と謝罪し、全額返金するとしています。
また、同じ富山市議会自民党会派の浦田邦昭 議員も会見し、3年前の平成25年6月に富山市内のホテルで開いた市政報告会のあとに提供したビールや食事の代金を市政報告会の茶菓子代などとして請求し、政務活動費、22万円あまりを不正に受け取っていたことを明らかにしました。
浦田議員は「認識が甘く不適切な利用をしてしまった。しっかりと反省して、新しいルールのもと適正に取り組んでいきたい」と述べました。
浦田議員は不正に受け取った22万円をきょう、会派を通じて全額返金したということです。成田議員と浦田議員はいずれも「地域のため、今後も議員として取り組んでいきたい」として議員の辞職はしないとしています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年02月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「政活費 新たに2人市議も不正。富山市議会」  2016年9月30日
  クリック 
====================================================

辞職した自民9人 離党。富山市議会自民党会派

NHK  「」  2016年9月30日
  クリック 

政務活動費を不正に受け取ったことを認め、議員を辞職した富山市議会自民党会派の元議員9人が、30日までに離党届を提出し受理されました。
自民党富山県連は、30日午前、一連の政務活動費の問題で富山市議会の議員が相次いで辞職したことを受け、対応を検討するため、党紀委員会を開きました。
委員会では、市内の地域支部の代表から、政務活動費を不正に受け取ったことを認め、辞職した中川勇元議員や市田龍一元議長など9人が30日までに離党届を提出し、受理されたことが報告されたということです。
このほか、市政報告会の茶菓子代に酒の代金を含めるなど、不適切な請求を行っていたことが明らかになった残る議員についても、今後、事態の推移を見守りながら各支部で処分について検討することを確認しました。
委員会のあと、中川忠昭幹事長は会見し、元議員9人について「議員辞職という大変重い決断をして離党届を出されたので受理したということだ。これから告発などいろいろな事態が予想され、成り行きを見ながら判断していかなければならない」と述べ、最も重い除名処分も含め、対応を検討する考えを示しました。

09月30日
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米田昭夫・県議が京都視察に... | トップ | 起訴取り消し補償金支払い決... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事