消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

園児と児童合同の津波避難訓練。静岡県掛川市千浜小学校・幼稚園・保育園

2017年05月19日 | 東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
園児と児童合同の津波避難訓練。静岡県掛川市千浜小学校・幼稚園・保育園

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280


  1節。相川の意見。
千浜(ちはま)小学校の敷地の標高は 13メートル。
校舎の上端の標高は20メートル。

Yahoo地図。   クリック 

国土地理院地図。 地図の中央の「文」記号が千浜小学校
  クリック 

  2節。 ニュース
掛川市で遠州灘に面した海岸近くにある小学校と幼稚園、保育園が合同で津波からの避難訓練を行いました。
この訓練は遠州灘に面した海岸から約1.5キロの場所にある掛川市立千浜小学校が近くの幼稚園や保育園と合同で毎年3回、行っています。
訓練には250人あまりの子どもたちが参加し、警察や地元ボランティアの協力も受けて大きな地震によって津波が発生したという想定で行われました。
子どもたちは海抜20メートルの高さの千浜小学校の校舎の3階まで速やかに避難する訓練を行い、6年生の児童たちは幼稚園や保育園から避難してきた幼い子どもたちを3階まで案内するなど、いざというときの自分たちの役割や誘導の手順などを確認していました。
訓練に参加した5歳の女の子は「3階まで逃げるのは大変でした。
家族と一緒に避難場所についてちゃんと考えたい」と話していました。
千浜小学校の大倉浩校長は、「訓練は今後もいろいろな条件のもとで続けて行きたい。子どもたちにはふだんの生活の中でも常にどこに逃げるべきか考えることを心がけてほしいと思います」と話していました。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「園児と児童合同の津波避難訓練。静岡県掛川市千浜小学校」  2017年5月19日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 警察官が飲酒運転で停職処分... | トップ | 警察官が勘違いで無免許運転... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む