消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

広島県福山市のA型の障害者福祉事業所。法人に給付金の支給をとりやめ、未払いの利用者への給与支払いに

2017年12月09日 | 労働者の権利
広島県福山市の障害者福祉事業所。法人に給付金の支給をとりやめ、未払いの利用者への給与支払いに 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 福山市などで障害者の福祉サービス事業所を運営する法人が経営破綻し利用者が解雇された問題で県は8日、法人に対して予定されていた給付金の支給をとりやめ未払いの状態にある利用者への給与などの支払いに充てる方針を決めました。 そして、利 . . . 本文を読む
コメント

タクシー残業代など求め集団提訴。京都市内の2つのタクシー会社の運転手26人が

2017年12月08日 | 労働者の権利
タクシー残業代など求め集団提訴。京都市内の2つのタクシー会社の運転手26人が 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 京都市内の2つのタクシー会社に勤務する運転手26人が、 値下げ競争などの影響で今の歩合制の給料では生活が苦しいとして、 会社に対し、 2年間の勤務時間から算出した残業代などに相当する1億円余り の支払いを求める訴えを京都地方裁判所に起こしました . . . 本文を読む
コメント

消防士長をパワハラで停職3か月の懲戒処分。宮城県仙台市消防局。後輩をつねったり蹴ったり

2017年12月07日 | 労働者の権利
消防士長をパワハラで停職3か月の懲戒処分。宮城県仙台市消防局。後輩をつねったり蹴ったり 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 仙台市は、太白消防署の消防士長が後輩をつねったり蹴ったりするパワーハラスメントを繰り返し行ったとして、停職3か月の懲戒処分にしました。 懲戒処分を受けたのは仙台市太白消防署に所属する50代の消防士長の男性職員です。 仙台市消防局により . . . 本文を読む
コメント

労基署が建設現場をパトロール。大分労働基準監督署。安全帯と足場。8件の死亡事故のうち4件は、建設現場

2017年12月06日 | 労働者の権利
労基署が建設現場をパトロール。大分労働基準監督署。安全帯と足場。8件の死亡事故のうち4件は、建設現場 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 年末年始の工事現場での労働災害を防ごうと、大分労働基準監督署が、大分市のマンションの建設現場をパトロールしました。 大分労働基準監督署では、年末年始の工事現場が、工事の終了や再開でふだんと異なる作業が多くなることから . . . 本文を読む
コメント

勤務医の残業最大1777時間。愛媛県内の4つの県立病院

2017年12月05日 | 労働者の権利
勤務医の残業最大1777時間。愛媛県内の4つの県立病院 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 愛媛県内の4つの県立病院に勤務するおよそ8割の医師が昨年度、労使間の協定の上限を超えて残業をしていて、最も長い医師は1777時間と過労死の判断基準をはるかに超える残業をしていたことがわかりました。 愛媛県内にある松山市と今治市、新居浜市、それに愛南町にある4つの県立 . . . 本文を読む
コメント

引っ越し作業中に物品や建物が損傷の従業員の賠償負担を廃止。同意なし天引きと訴訟も。引っ越し大手のアート社

2017年12月03日 | 労働者の権利
引っ越し作業中に物品や建物が損傷の従業員の賠償負担を廃止。同意なし天引きと訴訟も。引っ越し大手のアート社 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280   1節。相川の意見。 法律「国家賠償法」には、公務員の場合について、次の定めがある。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 国家賠償法 第一条 国又は公共団体 . . . 本文を読む
コメント

過労死の大分県職員に県が謝罪し和解。4週間の時間外勤務は107時間。就寝中に不整脈起こして死亡

2017年12月01日 | 労働者の権利
過労死の大分県職員に県が謝罪し和解。4週間の時間外勤務は107時間。就寝中に不整脈起こして死亡 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 大分県は、30代の男性職員が就寝中に突然亡くなったのは長時間労働が原因だとして、遺族から損害賠償を求められた結果、勤務管理を怠ったことを認めて謝罪し、およそ7000万円を支払うことで和解することに合意したと、明らかにしました。 . . . 本文を読む
コメント

全企業で65歳まで雇用の措置。宮崎労働局が調査した宮崎県内

2017年11月30日 | 労働者の権利
全企業で65歳まで雇用の措置。宮崎労働局が調査した宮崎県内 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 平成25年の「高年齢者雇用安定法」の改正に伴って、 企業には希望する人全員が65歳まで働ける措置をとるよう義務づけられています。 宮崎労働局が調査した県内のすべての企業で、法改正後、初めて、こうした措置がとられていることが分かりました。 宮崎労働局がことし . . . 本文を読む
コメント

あかし(明石)農協が、残業代未払いの疑い。労働基準監督署から改善指導

2017年11月29日 | 労働者の権利
あかし(明石)農協が、残業代未払いの疑い。労働基準監督署から改善指導 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 兵庫県明石市の農協が職員の勤務時間を正確に把握せず残業代を支払っていなかった疑いがあるとして、 過去2年分の未払いの残業代を支払うよう労働基準監督署から改善指導を受けたことがわかりました。 改善指導を受けたのは、明石市の「あかし農業協同組合」です。 . . . 本文を読む
コメント

三木市が、給与減額巡って市が敗訴。職員が公平委員会に緩和措置を求めたのに、却下して

2017年11月29日 | 労働者の権利
三木市が、給与減額巡って市が敗訴。職員が公平委員会に緩和措置を求めたのに、却下して 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 三木市が行った給与制度の見直しで、給与が大幅に減った職員が緩和措置を求めたのに対して 市の委員会が審査もせずに却下したのは、違法だと訴えた裁判で、 神戸地方裁判所は却下を取り消し、市側が敗訴しました。 三木市ではおととし、給与水準の引 . . . 本文を読む
コメント

西条市の市立保育所のパワハラが労働訴訟へ。愛媛県

2017年11月29日 | 労働者の権利
西条市の市立保育所のパワハラが労働訴訟へ。愛媛県。 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 西条市の市立保育所に調理員として勤めていた50代の女性が、同僚からパワーハラスメントを受けてうつ病になり退職を余儀なくされたとして労働審判を申し立てていましたが、市が女性の主張に異議を唱え、裁判で争われることになりました。 西条市によりますと、西条市立東予南保育所に調理 . . . 本文を読む
コメント

新卒者の3人に1人以上が3年以内に仕事を辞める(厚生労働省発表)。新卒離職者の対策を指摘。山口。

2017年11月27日 | 労働者の権利
新卒者の3人に1人以上が3年以内に仕事を辞める(厚生労働省発表)。新卒離職者の対策を指摘。山口。 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280   1節。相川の意見 厚生労働省ホームページの 「新規学卒就職者の離職状況(平成26年3月卒業者の状況)を公表します」   クリック  その画像引用 そのページの、ほかの資料(pdfファイル) PDF 資料全 . . . 本文を読む
コメント

障害者の福祉サービス「A型事業所」を運営する社団法人「しあわせの庭」が経営破綻で、他法人も調査へ。広島県福山市

2017年11月24日 | 労働者の権利
障害者の福祉サービス「A型事業所」を運営する社団法人「しあわせの庭」が経営破綻で、他法人も調査へ。広島県福山市 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 福山市などで障害者の福祉サービス事業所を運営する社団法人が経営破綻し、利用者が解雇された問題を受けて、 福山市の枝広市長は24日の記者会見で 、市内の同様の事業所にも運営状況に問題がないか、速やかに調査を行うこ . . . 本文を読む
コメント

医療刑務所の「偽装請負」で提訴。大阪医療刑務所

2017年11月21日 | 労働者の権利
医療刑務所の「偽装請負」で提訴。大阪医療刑務所 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 大阪医療刑務所に民間の会社から派遣されていたバスの運転手の男性が、 派遣元からではなく、刑務所から業務の指示を出される、いわゆる「偽装請負」の状態で働かされたとして、 国に対し、労働者派遣法に基づいて刑務所の職員として直接、雇うよう求める訴えを大阪地方裁判所に起こしました。 . . . 本文を読む
コメント

A型事業所を支援する講演会。岡山県庁

2017年11月20日 | 労働者の権利
A型事業所を支援する講演会。岡山県庁 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280   1節。相川の意見。 1985年ごろに、ある都道府県の工業技術センターの職員が、 視覚障碍者向けに、「テレビ画面の代わりに、点字紙印刷機を使った電子計算機用の端末機」を開発して 民間の中小企業に製造販売することを指導していて、 「見本の機械(価格100万円)を作っておくと、資金が . . . 本文を読む
コメント