消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

元の妻の長女にわいせつ行為で起訴された男性の、無罪判決が確定。宮城

2015年03月27日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
元の妻の長女にわいせつ行為で起訴された男性の、無罪判決が確定。宮城 相川哲弥ブログ http://blog.goo.ne.jp/jp280  元妻の長女にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつ罪に問われた宮城県白石市の40歳代の男性に無罪を言い渡した仙台高裁判決について、仙台高検は期限の24日までに上告せず、男性の無罪が確定した。  高検は上告を断念した理由を明らかにしていない。  仙 . . . 本文を読む
コメント

警官自殺はパワハラで公務災害。神奈川

2015年03月27日 | 労働者の権利
警官自殺はパワハラで公務災害。神奈川 相川哲弥ブログ http://blog.goo.ne.jp/jp280 7年前、県警察本部の警部が自殺したのは上司のパワーハラスメントが原因だったとして、遺族が公務災害の認定を申請したことを受けて、地方公務員災害補償基金は審査の結果、うつ病による自殺として公務災害に認定しました。 公務災害の認定を申請していたのは、平成20年12月、幸警察署の地域3課長 . . . 本文を読む
コメント

津波災害警戒区域を公表。山口県庁

2015年03月27日 | 東北大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
津波災害警戒区域を公表。山口県庁 相川哲弥ブログ http://blog.goo.ne.jp/jp280 山口県は南海トラフなどの巨大地震による津波に備えようと、新たに避難体制の整備を求める「津波災害警戒区域」を指定し、県のホームページで公表を始めています。 「津波災害警戒区域」は、津波への避難体制を特に整備する必要がある区域で、指定されると市や町にハザードマップの作成や避難計画の策定が義務 . . . 本文を読む
コメント

田辺市で津波対策の協議会・和歌山

2015年03月27日 | 東北大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
田辺市で津波対策の協議会・和歌山 相川哲弥ブログ http://blog.goo.ne.jp/jp280 南海トラフの巨大地震に伴う津波から安全な場所に避難することが難しいとされた地域への対策を考える協議会が田辺市で設置されました。 県内では、すでに9つの市や町が協議会を立ち上げ、津波への対策を検討しています。 和歌山県は南海トラフの巨大地震が起きた場合、沿岸の12の市と町でおよそ2万27 . . . 本文を読む
コメント

男女の賃金格差 会社に賠償命じる。 金沢地裁

2015年03月27日 | 労働者の権利
男女の賃金格差 会社に賠償命じる。 金沢地裁 相川哲弥ブログ http://blog.goo.ne.jp/jp280 金沢市に本社がある機械設計販売会社の元社員が男女差別による賃金の格差があったとして会社に賠償を求めた裁判で、金沢地方裁判所は「実質的に男女別の賃金が適用されていた」として、会社に対し440万円余りの支払いを命じました。 この裁判は、金沢市に本社がある機械設計販売会社「東和工 . . . 本文を読む
コメント

岡山駅東口前の地下街「岡山1番街」のホームページは、文字が読めない

2015年03月27日 | 消費者保護
岡山駅東口前の地下街「岡山1番街」のホームページは、文字が読めない 相川哲弥ブログ http://blog.goo.ne.jp/jp280 最近、岡山駅東口前の地下街「岡山1番街」のホームページ    クリック  を見たら。上端の「フロアガイド」をクリックすると、 が、表示される。 その「B1F]をクリックすると 「B1F](地下1階)ページ    クリック  が表示される。 その左上の . . . 本文を読む
コメント

清水港防潮堤計画案は検討継続。静岡

2015年03月27日 | 東北大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
清水港防潮堤計画案は検討継続。静岡 相川哲弥ブログ http://blog.goo.ne.jp/jp280 清水港の津波対策を検討してきた県の委員会は、一部の地域で防潮堤を建設する場所について合意が得られず、来年度も検討を続けることになりました。 静岡県は大地震に備えるため、清水区の江尻地区と日の出地区のあわせて2キロの海岸を5つの地域にわけて、高さ4メートルの防潮堤を建設する方針です。 . . . 本文を読む
コメント

災害に強い保育所 船から電源確保。東京

2015年03月27日 | 東北大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
災害に強い保育所 船から電源確保。東京 相川哲弥ブログ http://blog.goo.ne.jp/jp280 大規模な災害が起きて長期間、停電になっても船や電気自動車から電源を確保し子どもたちの安全を守ろうという保育所が、全国で初めて東京・江東区に完成しました。 社会福祉法人が運営するこの保育所は定員およそ200人で、来月1日のオープンを前に26日、関係者150人が参加して式典が行われまし . . . 本文を読む
コメント

公安委員会の運転免許取り消し処分を、覆す判決。神奈川県警

2015年03月27日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
公安委員会の運転免許取り消し処分を、覆す判決。神奈川県警 相川哲弥ブログ http://blog.goo.ne.jp/jp280 ひき逃げ事件を起こしたとして神奈川県公安委員会から運転免許の取り消し処分を受けた男性が、事件そのものが無かったとして処分の取り消しを求めた裁判で、横浜地方裁判所は、25日男性の訴えを認め、処分を取り消す判決を言い渡しました。 横浜市保土ケ谷区の50歳の男性は、平 . . . 本文を読む
コメント

串本町 津波防災の計画策定。和歌山

2015年03月27日 | 東北大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
串本町 津波防災の計画策定。和歌山 相川哲弥ブログ http://blog.goo.ne.jp/jp280 本州の最南端にあり、南海トラフの巨大地震で津波による大きな被害が想定されている和歌山県串本町で、防災拠点の整備や住民の意識向上を図るための今後の方針を示した計画が新たに策定されました。 串本町では、南海トラフの巨大地震が発生した場合、最大で17メートルの津波が数分で押し寄せると想定され . . . 本文を読む
コメント

警官が成田空港トイレに拳銃や手錠を置き忘れる。千葉県警

2015年03月27日 | 警察・検察・裁判・刑務所・弁護士の不正
警官が成田空港トイレに拳銃や手錠を置き忘れる。千葉県警 相川哲弥ブログ http://blog.goo.ne.jp/jp280 千葉県警成田空港警備隊の巡査部長が、空港内のトイレに実弾が入った拳銃や手錠を置き忘れたことがわかりました。 拳銃などは間もなく空港の警備員が見つけ、成田空港警備隊は「指導を徹底し再発防止に努めたい」と話しています。 拳銃を置き忘れたのは千葉県警成田空港警備隊の5 . . . 本文を読む
コメント

高知市が「地援隊」を派遣

2015年03月26日 | 市民意見を議会に反映
高知市が「地援隊」を派遣 相川哲弥ブログ http://blog.goo.ne.jp/jp280 地域のコミュニティーを維持するための課題を探ろうと、高知市は各地区に「地域活動応援隊」と名付けた職員のグループを派遣し、住民への聞き取りなどを行う取り組みを始めました。 高知市の人口は、年に1000人前後のペースで減少し、ことし1月1日の時点で33万7300人余りと、旧春野町と合併していまの高知 . . . 本文を読む
コメント

牧之原市から焼津市までの約12キロの駿河海岸の津波対策 検討会。静岡県

2015年03月26日 | 東北大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
牧之原市から焼津市までの約12キロの駿河海岸の津波対策 検討会。静岡県 相川哲弥ブログ http://blog.goo.ne.jp/jp280 牧之原市から焼津市までの約12キロにわたる駿河海岸の津波の対策について話し合う初めての検討会が開かれ、堤防の整備のあり方などで意見が交わされました。 検討会は、去年、国の法律の改正で堤防をより強いものに整備することが求められていることを受けて初めて開 . . . 本文を読む
コメント

避難所の運営を考える講演会。徳島県美波町

2015年03月26日 | 東北大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
避難所の運営を考える講演会。徳島県美波町 相川哲弥ブログ http://blog.goo.ne.jp/jp280 東日本大震災の被災地での避難生活を知ることで、避難所の運営のあり方を考えようという講演会が24日夜、美波町で開かれました。 南海トラフの巨大地震で、美波町では、地震から1週間後の避難者が人口の6割を超えるおそれがあるため、来年春ごろを目標に独自の「避難所運営マニュアル」の作成を目 . . . 本文を読む
コメント

土砂災害警戒区域6862か所を指定。新たに950か所。愛知県

2015年03月26日 | 東北大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
土砂災害警戒区域6862か所を指定。新たに950か所。愛知県 相川哲弥ブログ http://blog.goo.ne.jp/jp280 愛知県は、土砂災害のおそれがある土砂災害警戒区域に、県内で計6862か所を指定し、警戒を呼びかけています。 これは、国の土砂災害防止法に基づくもので、愛知県では、土砂災害のリスクがあるとみられる、約1万7000か所について現地調査を進めています。 その結果、今回 . . . 本文を読む
コメント