消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

南海トラフの巨大地震の、津波対策で、船の行動指針策定。大分

2014年10月02日 | 東北大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
南海トラフの巨大地震の、津波対策で、船の行動指針策定。大分 相川哲弥ブログ http://blog.goo.ne.jp/jp280 南海トラフの巨大地震に伴う津波が発生した場合に備えて、 大分県で船舶の安全を確保するための行動指針が策定されました。 今後、この指針を関係機関や企業などが共有して、マニュアル作りや訓練に生かすことになっています。 大分県によりますと、 南海トラフの巨大地震が発生 . . . 本文を読む
コメント

乳児の皮膚に保湿剤を毎日塗ると、同居家族のアトピー性皮膚炎が移る危険を30%減らす効果

2014年10月02日 | 子供・おとな安全
乳児の皮膚に保湿剤を毎日塗ると、家族のアトピー性皮膚炎が移る危険を30%減らす効果 10月01日 19時52分 http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20141001/5004521.html 生後まもない赤ちゃんの皮膚に保湿剤を毎日塗ると、アトピー性皮膚炎になるリスクを30%減らすことができたとする研究成果を、国立成育医療研究センターのグループが発表しました . . . 本文を読む
コメント

土砂災害警戒区域指定 調査へ。北海道庁が

2014年10月02日 | 東北大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
土砂災害警戒区域指定 調査へ。北海道庁が 相川哲弥ブログ http://blog.goo.ne.jp/jp280 高橋知事は1日の道議会予算特別委員会で、道内で土砂災害警戒区域の指定が遅れていることから、住宅地に近い危険箇所の警戒区域への指定を急ぐため、今年度中に現地調査を行うことを明らかにしました。 道内には、土砂災害の恐れがある危険箇所が、およそ1万2000か所ありますが、土砂災害警戒区域 . . . 本文を読む
コメント

災害の時に、FM放送電波によって自動的に電源が入る緊急告知ラジオ 新たに配備へ。新潟県長岡市

2014年10月02日 | 東北大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
災害の時に、FM放送電波によって自動的に電源が入る緊急告知ラジオ 新たに配備へ。新潟県長岡市 相川哲弥ブログ http://blog.goo.ne.jp/jp280 長岡市は、災害が発生したときに自動的に電源が入る「緊急告知FMラジオ」1000台を、新たに市内の沿岸部に配備することになりました。 長岡市では、10年前の新潟県中越地震や新潟・福島豪雨をきっかけに、市民にいち早く防災情報を . . . 本文を読む
コメント

我孫子市が 液状化対策を見直しへ。千葉県。疑問点。地盤沈下は?

2014年10月02日 | 東北大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
我孫子市が 液状化対策を見直しへ。千葉県。疑問点。地盤沈下は? 相川哲弥ブログ http://blog.goo.ne.jp/jp280   1節。相川の意見。 住民全員が同意しても、長年、地下水をくみ上げるのを続けたら、液状化を防げるかもしれないが、 三重県四日市の沿海工業地帯のように、地盤沈下が起きないか?   2節。ニュース。 東日本大震災で液状化の被害を受けた千葉県我孫子市は、被害を . . . 本文を読む
コメント

鹿嶋市(茨城県)が 津波警報メールを誤送信。。再発防止策

2014年10月01日 | 東北大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
鹿嶋市(茨城県)が 津波警報メールを誤送信。。再発防止策 相川哲弥ブログ http://blog.goo.ne.jp/jp280   1節。相川の意見。再発防止策 紙に、送信手順を、箇条書きにして、書いておいて 1個の手順をおかなうたびに、そのちぇじゅん番号に、鉛筆で、しるしをつけていく。   2節。ニュース。 1日未明、鹿嶋市が市民に防災情報などを配信するメールサービスで、「津波警報が発表 . . . 本文を読む
コメント

瀬戸内市(岡山県)の太陽光発電着工へ。保留は?送電線は?

2014年10月01日 | 福島原発と全国の原発の危険な弱点と対策
瀬戸内市(岡山県)の太陽光発電着工へ。保留は?送電線は? 相川哲弥ブログ http://blog.goo.ne.jp/jp280   1節。相川の意見。 九州電力など、あちこちの電力会社が、太陽光発電など再生エネルギーの買い取り契約を保留する電力会社が増えている。 このブログの次の記事を参照。 「九州電力が再生エネルギー購入を中断。 企業は多額投資。自治体も推進 2014年09月26日    . . . 本文を読む
コメント

子育てママの防災講座。埼玉県和光市

2014年10月01日 | 東北大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
子育てママの防災講座。埼玉県和光市 相川哲弥ブログ http://blog.goo.ne.jp/jp280 大地震など災害が起きた際に、幼い子どもといっしょに避難するにはどうすればいいかなどを考えてもらおうという防災講座が埼玉県和光市で開かれました。 この講座は、東日本大震災で母親を支援する活動を行っている東京の子育て支援団体が開いたもので、和光市の会場には、母親と乳幼児あわせて90人が集 . . . 本文を読む
コメント

小学生が防災マップ作り。和歌山県橋本市の応其小学校。動画

2014年10月01日 | 東北大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
小学生が防災マップ作り。和歌山県橋本市の応其小学校。動画 相川哲弥ブログ http://blog.goo.ne.jp/jp280 橋本市の小学生が、通学路を歩いて危険な場所などを書き込む「防災マップ」作りに取り組みました。 この取り組みは、橋本市の応其小学校が子どもたちの防災意識を高めようと、初めて行いました。 1日は、6年生の児童およそ60人が地元のボランティアの人たちとともに10のグル . . . 本文を読む
コメント

強制わいせつ容疑で警察官を逮捕。女性警察職員の体をさわった。和歌山

2014年10月01日 | 警察・検察・裁判・刑務所・弁護士の不正
強制わいせつ容疑で警察官を逮捕。女性警察職員の体をさわった。和歌山 相川哲弥ブログ http://blog.goo.ne.jp/jp280 9月27日の未明、和歌山市の駐車場に止めた車の中で、知り合いの女性警察職員の体を執ようにさわったなどとして、和歌山県警察本部に勤務する36歳の巡査部長が強制わいせつの疑いで逮捕されました。 巡査部長は、「同意の上だと思っていた」と供述し、容疑を否認してい . . . 本文を読む
コメント

警察官が制服姿でコンビニ買い物OKの理由。大阪府警

2014年09月30日 | 子供・おとな安全
警察官が制服姿でコンビニ買い物OKの理由。大阪府警 相川哲弥ブログ http://blog.goo.ne.jp/jp280  大阪府警は29日、警察官が制服姿のままコンビニエンスストアで買い物することを認めると発表した。  コンビニ店を狙う強盗事件の抑止が狙いで、府内全65署に通達を出し、来月1日から運用を始める。  これまで、府警は「警察官が制服姿で買い物をしていると、府民から『仕事を . . . 本文を読む
コメント

串本町で津波対策合同訓練。和歌山県

2014年09月30日 | 東北大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
串本町で津波対策合同訓練。和歌山県 相川哲弥ブログ http://blog.goo.ne.jp/jp280 南海トラフの巨大地震で最大18メートルの津波が想定されている串本町で、 海上保安庁や地元の漁協などが連携した合同の救助訓練が行われました。 本州最南端の串本町の沖合で行われた30日の訓練には、海上保安庁や警察、漁協などからおよそ40人が参加しました。 訓練は、紀伊半島沖で地震が起 . . . 本文を読む
コメント

検察書面「従来の主張と矛盾」…袴田事件弁護団

2014年09月30日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
検察書面「従来の主張と矛盾」…袴田事件弁護団 相川哲弥ブログ http://blog.goo.ne.jp/jp280  静岡県で1966年に4人が殺害された「袴田事件」の再審請求審で、 袴田巌元被告(78)の弁護団は29日、 弁護側のDNA鑑定の信用性を否定した検察側の書面について、「従来の検察の主張と真っ向から矛盾する」と批判する申し入れ書を東京高裁に提出した。  再審開始決定の根拠 . . . 本文を読む
コメント

インターネットでのカード被害が、 約30億円に

2014年09月30日 | 消費者保護
インターネットでのカード被害が、 約30億円に 相川哲弥ブログ http://blog.goo.ne.jp/jp280 インターネットを通じてクレジットカードを不正に使われたという被害の額が ことし上半期だけで30億円近くに上っていることが 業界団体の初めての調査で分かりました。 これは、盗まれたカードを使われるなど店頭での被害額を大幅に上回っていて、 業界では対策を強化することにしています . . . 本文を読む
コメント

土砂災害で住民意見交換会。広島

2014年09月30日 | 東北大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
土砂災害で住民意見交換会。広島 相川哲弥ブログ http://blog.goo.ne.jp/jp280 広島市で起きた土砂災害で29日安佐南区八木3丁目の住民と行政が今後の復旧計画について話し合う意見交換会が開かれ、住民からは2次災害を防ぐため砂防ダムの完成を求める意見が相次ぎました。 意見交換会は広島市や県、それに国が被災した地域の町内会ごとに1週間前から開いていて、29日は大きな被害が出 . . . 本文を読む
コメント