68歳JP1tbg

江ノ島の野良

群馬県甘楽郡南牧村(なんもくむら)

2017-06-20 06:09:27 | 写真

なんもくむらにたぶん久しぶりに行って来ました。

”たぶん”の意味は、以前にアマチュア無線の7M帯の移動運用で行った記憶があって、ログもあるのですが、少し記憶と合っていません。

というのは、当時南牧村に入るには午前中だけ、午後は出るだけの一方通行でした。

現在ログが開けないため、いつ行ったのかは定かではありません。

今回は、そんな一方通行などなくすんなり往復できました。

今回は、滝の村南牧を撮りに行ったのです。

蝉の渓谷。

酔狂にも河原まで下りてみたのですが……

一瞬の日差しを待ってパチ。周囲はアンダーもいいところ

河原に降りてもいい景色はなかった。

紅葉の季節はまた別であろう。モミジがたくさんあった。

本山の滝に左折する角っこでお会いした、お二人

廃屋がかなり目立っている。

次回は廃屋を撮りに行こうかと思っている。

本山の滝です。

この滝はひとつ、水量の少ない滝の裏側に隠れていて、道はないので渓流沿いに歩いてゆく。

長靴がないと、ちょっとかったるい。

 

本山の滝全景

像が滝

ここは駐車場から少し山を登った、奥にあった。

水量が少なさそうだった。

これは下半分です

 

自分で撮って感じたのは、滝はそれぞれ高さ、水量が異なる、しかも一定水量ではなく、撮影中に多く流れる時も減るときもある。

水量を多く、また水ハネをきれいに、全体的に躍動感を残してと、条件を満たすには、いろいろなシャッター速度で、時間をかけて撮るしかない、ということでした。

滝は生き物なので、人間と同じく、決定的な表情を撮るには、粘りと、運、数だと感じました。

1/3秒で数枚連射しても、不思議なことに、滝の表情、水量、迫力の全く違う写真が出来上がります。

滝、渓流写真に王道なしといったところかな?

もっとも私の場合は、すべてに王道なし!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 稲村ケ崎 | トップ | 歐仙の滝・チャッツボミゴケ公園 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL