MVKのいろいろ

残り少ない人生、その楽しい余生のあり方を目下研究中

猪独活(ししうど)という花

2016年08月30日 | Weblog
これは、芹(せり)科、シシウド属の猪独活(ししうど)という花である。この猪独活の花は、白い小さな花が傘状(線香花火みたいな形)に密集して咲くのである。この花のネーミングは、根の部分をイノシシが食べることから、この名前になったらしい。花には、蜜が多く、いろんな虫が吸いにくる。
独活は、鎮痛、鎮静、血管拡張作用の薬効が知られている。後背部の筋間や下半身の関節の風湿などで背部、腰部、臀部(でんぶ)、膝部(しつぶ)のだるい痛みや両足のしびれなどの症状に適し、しめつけられるような頭痛、頭がぼんやりするような場合、頭が重いときなどの感冒の場合にも効果がある。
使用方法は分からないが、いずれにせよ薬効があるとされている。



  今日の誕生日の花:ホウセンカ    花言葉:快活

  今日の一句:初めての町懐かしき鳳仙花     角川春樹

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木立(きだち)ベコニアという花

2016年08月29日 | Weblog
これは、秋海棠(しゅうかいどう)科、ベゴニア属の木立ベコニアという花である。この花の開花時期は、 5/15 ~ 11/末頃で長い間、咲き続ける。木立ベコニアは、ブラジル原産。花には、いろいろ種類があり、背が高い。どことなく、秋海棠に良く似通った花である。
9月28日の誕生花 9月4日の誕生花 花言葉は、「幸福な日々」「つりあいが良い」



  今日の誕生日の花:キツネノカミソリ    花言葉:妖艶

  今日の一句:眠られぬ夜のためにこそ鉦叩      上田五千石

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日葉(あしたば)という花

2016年08月28日 | Weblog
これは、芹(せり)科、シシウド属の明日葉(あしたば)という花である。この明日葉(あしたば)は、伊豆諸島、伊豆はんとうなどの海岸に自生する。明日葉の7形状は、葉は大きく、冬でも柔らかい緑色を保ち、若葉は食用に用いられる。平安時代末期(12世紀)に、伊豆大島に流された源為朝(みなもとのためとも)が現地で飢饉が起こったときに、この葉が食用になることを皆に教えて救った、という史実がある。茎は太く、切ると黄色い汁を出す。花は白(緑)色で8月から10月頃に開花。
明日葉(あしたば)の別名は、「鹹草(あしたぐさ)」「八丈草(はちじょうそう)」



  今日の誕生日の花:ミズアオイ   花言葉:前途洋々

  今日の一句:  水口に燕来てゐる水葵   福島勲

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

藪蘭(やぶらん)という花

2016年08月27日 | Weblog
これは、百合(ゆり)科、ヤブラン属の藪蘭(やぶらん)という花である。この花の開花時期は、 7/25 - 10/末頃で、日陰などに生える蘭である。この花は、日本庭園の木々の根元などにアクセントとして植えられることが多い。藪蘭には、葉が斑入り(ふいり)のものもある。実(タネ)は、黒い丸形である。ネーミングは、多分、藪のようなところが似つかわしいからかも知れません。
藪蘭(やぶらん)の別名は、「山菅」(やますげ)。
10月26日の誕生花 花言葉は「謙遜」



  今日の誕生日の花:ヤマハハコ    花言葉:純情

  今日の一句:天鵞絨(ビロード)の夜を斜めに流れ星   勝村茂美

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仙人草(せんにんそう)という花

2016年08月27日 | Weblog
これは、金鳳花(きんぽうげ)科、センニンソウ属の仙人草(せんにんそう)という花である。仙人草は、つる性の多年草で綺麗な真っ白な4弁花、とてもいい香りがする。仙人草というネーミングは、実の先端につく白い羽毛状のものが、仙人のひげに見立てたことから名付られたのである。
仙人草の別名は、「馬食わず(うまくわず)」(有毒植物のために馬が食べない。)




  今日の誕生日の花:ユウガオ     花言葉:魅惑の人

  今日の一句:夕顔は恋のをはりかはじまりか    渡辺恭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鬼灯(ほおずき)という植物

2016年08月25日 | Weblog
これは、茄子(なす)科、ホオズキ属の鬼灯(ほおずき)という植物である。この鬼灯(ほおずき)の花びらは、5弁。5角形で6~7月頃に開花し、オレンジ色の実は、お盆のときに提灯がわりに飾られることがあるという。夏には全国各地で「ほおずき市」が開かれ、東京では、浅草の浅草寺(せんそうじ)の
ほおずき市が有名である。
鬼灯は、この実の中に外側と同じオレンジ色の球形のほんとの実がある。この実の中身を楊子などで掻き出して皮だけにしたものを口にして鳴らすことができるのであるが、今日、この頃、そのようにして嗜む人が居るだろうか。
鬼灯は、「鬼燈」、「酸漿」とも書く。別名は、「輝血」(かがち)。
鬼灯(ほおずき)というネーミングの由来は、よくわからない。



  今日の誕生日の花:ケイトウ     花言葉:永遠の愛、おしゃれ

  今日の一句:鶏頭に鶏頭ごっこと触れゐたる      川崎展宏

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブーゲンビレアという花

2016年08月24日 | Weblog
これは、白粉花(おしろいばな)科、イカダカズラ属のブーゲンビレアという花である。この花は、南アメリカ地方原産、熱帯花木の代表格で、夏から10月頃まで開花するのである。このブーゲンビレアという花には、色んな色があるが、ピンク色がとてもきれい。でも、葉っぱみたいな花もある。この花は、「ブーゲンビリア」と呼ばれることが多い。
ブーゲンビレアの別名は、「筏葛」(いかだかずら)。
7月20日の誕生花 花言葉は「あなたは魅力に満ちている」



  今日の誕生日の花:シシウド    花言葉:健康美

  今日の一句:稲妻のゆたかなる夜も寝べきころ    中村汀女

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

芙蓉(ふよう)という花

2016年08月23日 | Weblog
これは、葵(あおい)科、フヨウ(ハイビスカス)属の芙蓉(ふよう)という花である。この芙蓉の開花時期は、 8/ 1 ~ 10/ 5頃でピンク色の大型の花である。昔から、「美しい人のたとえ」に芙蓉の花が用いられているが、美しくしとやかな顔立ちのことを「芙蓉の顔」というのだそうである。
これは、芙蓉の花であるが、「酔芙蓉(すいふよう)」がある。芙蓉とほとんど同じ形の花だが、朝に開花したときは白花で、方になるにつれてだんだん赤くなるという、とてもおもしろい花らしい。



  今日の誕生日の花:カラスウリ    花言葉:よき便り

  今日の一句:烏瓜夜ごとの花に灯をかざし     星野立子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ディプラデニアという花

2016年08月22日 | Weblog
これは、夾竹桃(きょうちくとう)科、ディプラデニア属のディプラデニアという花である。これは、常緑のつる性植物で南米のボリビア原産の花である。この花は、夏から秋にかけて開花し、大きな5弁花でスクリュー形の花である。花色は、ピンク、黄色など豊富。
ディプラデニアの別名は、「マンデビラ」(イギリスの公使の「マンデビル さん」の名前)


  今日の誕生日の花:ナデシコ   花言葉:純愛、才能

  今日の一句:撫子につながる思ひいつも母  黒川悦子

    (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンゲロニアという花

2016年08月21日 | Weblog
これは、オオバコ科 、アンゲロニア属のアンゲロニアという花である。この花は、中央アメリカから南アメリカ、西インド諸島に約30種が分布する多年草である。したがって、夏の高温多湿にも強く、強健な植物である。開花時期は、6月~10月。株元からたくさんの茎を伸ばし、穂状の花を次々と咲かせる。花色は、紫のほか、ピンク、白、ブルー、複色。初夏から秋にかけての長い花期、花色も爽やかな色合いなので、夏の花壇の定番になりそうな植物である。



  今日の誕生日の花:ナツズイセン    花言葉:快い楽しさ
 
  今日の一句:地蔵盆過ぎたる機(はた)の音なりけり     安住敦

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加