MVKのいろいろ

残り少ない人生、その楽しい余生のあり方を目下研究中

大千成(オオセンナリ)という花

2015年08月31日 | Weblog
これは、ナス科オオセンナリ属(ニカンドラ属)の大千成(オオセンナリ)といいう一年草である。この花の原産地は、南アメリカ、チリとペルーなどにも分布している。
この花は、江戸時代の末期に日本に渡来した。この大千成の草丈は、50~100センチくらい、葉は卵形で、互い違いに生える(互生)、葉の先は尖り、縁には不規則に粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。長さは5~10センチくらいで、まばらに毛が生え、互い違いに生える(互生)。開花時期は7~9月である。その花は、脇から細長い花柄を出し、その先に1つずつ花をつけ、合弁花で、花径は3~4センチあり、先が浅く5つに裂けている。裂片は、淡い青色で、筒部は白く、実は酸漿(ホオズキ)と同じように球形の液果(中身に液をたくさん含む果実)で、袋のような大きな萼に包まれているのである。綺麗のものには毒があるの譬え、この花も有毒なので食べられないが、切り花やドライフラワーなどに用いられている。別名は、千成酸漿(センナリホオズキ)ともいう。




  今日の誕生日の花:オシロイバナ   花言葉:内気、柔和

  今日の一句:白粉花吾子は淋しい子かも知れず   波多野爽波

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サフラン擬(もどき)という花

2015年08月31日 | Weblog
これは、彼岸花(ひがんばな)科、ゼフィランサス属のサフラン擬(もどき)という花である。一説には、タマスダレ属の多年草であるというのもある。この花は、熱帯アメリカ地方原産で、日本には、1800年代中頃に観賞用として渡来したという。
この花は、夏頃に、ピンク色のサフランにそっくりの花を咲かせるのである。その花は、くっきりしていて、とてもきれい、葉っぱは線形、茎は細いのである。
この花の別名は、カリナタ(学名から)



  今日の誕生日の花:ホウセンカ    花言葉:快活

  今日の一句:初めての町懐かしき鳳仙花     角川春樹

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カサブランカという百合の花

2015年08月29日 | Weblog
これは、ユリ科ユリ属の栽培品種の一つ、カサブランカという百合の花である。この花は、ヤマユリ、タモトユリ(ドイツ語版)などを原種とするオリエンタル・ハイブリッドの一品種であるという。
このオリエンタル・ハイブリッドという品種は、香りがあり、比較的大輪というのが特徴である。即ち、カサブランカは、純白で大輪、香りが強いのが基本であることはいうまでもない。
花のつき方が茎に対して下、あるいは垂直方向というか、横向きで四方に蕾がついている。大抵のユリは茎に対して平行方向、上を向いているのであるが。
開花時期は、 6/ 1 ~ 8/末頃。11月6日の誕生花 威厳、高貴、偉大
カサブランカという百合のネーミングの由来は知らないが、戦後、アメリカ映画でハンフリー・ボガート出演の「カサブランカ」という映画は見たことがあり、終戦後、何か新しい気風に触れたような感じだった。
 


  今日の誕生日の花:キツネノカミソリ 花言葉:妖艶

  今日の一首:怖れては遠目にみたる花なりきキツネノカミソリ群れる初秋   鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用).  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高砂百合(たかさごゆり)という花

2015年08月28日 | Weblog
これは、百合(ゆり)科、ユリ属の高砂百合(たかさごゆり)という花でる。鉄砲百合は、沖縄などの海岸に自生する花で、日本原産である。花は、横向きに咲く。したがって、花の形が筒状で鉄砲の形に似ていることからの命名されたという。この百合の葉っぱの幅が太く、葉っぱの幅が細くて、よく似た花を「高砂百合(たかさごゆり)」というのである。ただし、高砂百合のネーミングは、不勉強でよく分からないのである。
鉄砲百合は6月頃、高砂百合は8月頃に咲くようである。
10月12日の誕生花 花言葉は「純潔、甘美、威厳」
 


  今日の誕生日の花:ミズアオイ(ミズアオイ科)   花言葉:前途洋々
 
  今日の一句:前方がひらける予感のミズアオイ 青紫の花を掲げる

  (NHKラジオ深夜便から引用) 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

玉簾(たますられ)という花

2015年08月27日 | Weblog
これは、彼岸花(ひがんばな)科、ゼフィランサス属の玉簾(たますられ)という花である。この花も、彼岸花(ひがんばな)科というだけあって、開花時期は、 8/ 5 ~ 10/10頃なのである。
この花のネーミングは、白く美しい花を「玉」に、葉が集まっているようすを「簾」にたとえたということである。(南京玉簾)   
この花は、6弁花、上向きに咲き、葉は細長く、ずらっと並んで咲いているところは壮観である。この花は、花が終わると黒い実がなる。その実の形は 狐の剃刀 に似ている。
玉簾の別名は、「ゼフィランサス」(サフラン擬も同名)また、「レインリリー」(雨のあとで一斉に咲きはじめるから)


  今日の誕生日の花:ヤマハハコ(キク科)   花言葉:純情
 
  今日の一句:此処に居るここにいますとハハコグサ つつましく呼ぶごとくに咲けり 

  (NHKラジオ深夜便から引用).
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花のような猩々草(しょうじょうそう)

2015年08月26日 | Weblog
これは、灯台草(とうだいぐさ)科、ユーフォルビア属の花のような猩々草(しようじょうそう)である。この猩々草は、北アメリカ原産で、「ユーフォルビア」の一種(初雪草の仲間)だそうである。これは、8月から10月頃にかけて開花するのである。(夏に、茎の先端に花弁が無い沢山の黄色い小花を咲かせる)そして、今ごろ頭頂部の葉が写真のようにオレンジ色に変わり、これがとても鮮やかに目立つのである。(花ではない)なお、葉っぱの形も、大変おもしろい形である。此の茎葉を傷つけると真っ白い乳液が出るのである。



  今日の誕生日の花:ユウガオ(ウリ科)   花言葉:魅惑の人
 
  今日の一句:ユウガオのほのかに白く 花ひらく空気の音をきくような刻 

  (NHKラジオ深夜便から引用)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の七草、桔梗(ききょう)

2015年08月26日 | Weblog
これは、桔梗(ききょう)科、キキョウ属の桔梗(ききょう)という花である。この桔梗の開花時期は、 6/10 ~ 8/10頃、でも、秋の七草のひとつなのである。この花のネーミングは、中国原産で、漢名の「桔梗」を其の儘、音読みし「ききょう」となったものである。桔梗の花は、紫または白で、美しい花である。
この桔梗は、漢方では太い根を干してせきやのどの薬にするそうである。
桔梗は、昔から武士に好まれ、家紋に取り入れられたり、江戸城には「桔梗門」の名前がある。
「桔梗」は「きちこう」とも読む。
8月12日、9月2日の 誕生花 花言葉は「清楚、気品」



  今日の誕生日の花:ケイトウ(ヒユ科)   花言葉:永遠の愛 おしゃれ
 
  今日の一句:台風が過ぎて三日目 倒れしケイトウむっくと立つ気配 

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白い花の大きな擬宝珠

2015年08月24日 | Weblog
これは、百合(ゆり)科、ギボウシ属の擬宝珠(ぎぼうし)という花である。この擬宝珠の開花時期は、 6/10 ~ 7/20頃で、夏、涼しげな色で咲くのである。しかも、この葉っぱは幅広で大きいのである。この花のネーミングは、言わずもがな橋の欄干の上にある「擬宝珠」に似ていることから擬宝珠(ぎぼうし)になったのである。
写真の此の擬宝珠は、タイトルに掲げた様に現在、大きな白い花が咲いて居るのである。したがって、擬宝珠でなく、「大葉擬宝珠(おおばぎぼうし)」(主に山野に生え、葉っぱがでかい。)かも知れないが、敢えて此処に擬宝珠として計上したような次第である。



  今日の誕生日の花:シシウド(セリ科)   花言葉:健康美
 
  今日の一句:高原のシシウド銀くひかる朝 蜘蛛みじろかず巣の端にいる 

  (NHKラジオ深夜便から引用).



 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏水仙(なつすいせん)という花

2015年08月24日 | Weblog
これは、彼岸花(ひがんばな)科、ヒガンバナ属の夏水仙(なつすいせん)という花である。この夏水仙は、8月中旬から下旬に鱗茎ひとつに対して1本、60cmほどの花茎を伸ばし、ピンク色の花を咲かせるのである。とっても、きれいなピンク色の花である。この花は、茎は太く、花のあとで出てきた葉っぱが枯れた後に、花芽が伸びてくる。よく似た本物の彼岸花よりも、1ヶ月以上早く、8月中に咲のである。
この花のネーミングは、夏に咲き、花の形が水仙に似ているところからだそうである。
この夏水仙の別名は、「リコリス」(彼岸花、狐の剃刀、夏水仙などのいわゆる彼岸花科の花を総称して呼ぶこともある。)
花は、淡紅紫色で花びらは反り返り目立ち、原野、道端などに並んで群生する様子には迫力がある。ただし、この花は、有毒である。



  今日の誕生日の花:カラスウリ(ウリ科)   花言葉:よき便り
 
  今日の一句:いい便りありそうな日のカラスウリ 手のとどかない高みに赤し  

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ルドベキアという花

2015年08月22日 | Weblog
これは、菊(きく)科、オオハンゴンソウ属のルドベキアという花である。この舌をかみそうな名前の花は、北アメリカ原産で、明治中期に日本に渡来したそうである。この花は、夏から秋にかけて開花し、花は大小あり、また、いろんな種類があるという。また、「ルドベッキア」とも読むそうである。
ルドベキアに「ルドベキア・タカオ」という種類の花は、花びら8枚で真ん中がこげ茶色でよく見かけるが、「三葉大反魂草(みつばおおはんごんそう)」と呼ぶらしい。
ルドベキアの別名は、「コーンフラワー」「松笠菊(まつかさぎく)」
8月15日の誕生花 花言葉は「鮮やかな態度」





  今日の誕生日の花:ナデシコ(ナデシコ科)   花言葉:純愛 才能
 
  今日の一句:八月の川原に咲くナデシコの なみだぐましよ今もむかしも

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加