MVKのいろいろ

残り少ない人生、その楽しい余生のあり方を目下研究中

アガパンサスという花

2015年06月30日 | Weblog
これは、百合(ゆり)科、アガパンサス属のアガパンサスという花である。この花のネーミングは、ギリシャ語の「agapa(愛らしい) + anthos(花)」の組み合わせアガパンサスというが花名になったとか。このアガパンサスという花の開花時期は、 6/20 ~ 7/末頃で、丁度、今頃、梅雨どきで、この花は、紫色の小花を沢山咲かせるのです。(白花の品種もある)この花の原産地は、南アフリカ。明治時代中期に渡来したそうである。
この花の葉は、君子蘭に似ている。根は太く強いので、斜面や土手などの土の 流出を防ぐのに役立つらしい。
アガパンサスの別名は、「紫君子蘭」(むらアガパンサス咲きくんしらん)「アフリカンリリー」
6月29日の誕生花 花言葉は「知的な装い」



  今日の誕生日の花:ハンゲショウ     花言葉:内に秘めた情熱

  今日の一首:どことなく寂しい風情の半夏生秘めた想いのさゆらぐような   鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏椿(なつつばき)という花

2015年06月29日 | Weblog
これは、椿(つばき)科、ナツツバキ属の夏椿(なつつばき)という花である。この夏椿は、花こそ椿に似て居るが、葉っぱや姿形は、椿とは言えないような感じである。この夏椿開花時期は、梅雨時の6/ 5 ~ 7/10頃にすっきりした白色のきれいな5枚の花、花びらの縁(ふち)には、こまかいギザギザあるのである。この花のネーミングは、言うまでもなく花の形が椿によく似ていて、夏に開花することから「夏椿」なのである。この花は、お寺によく植えられていて、「沙羅双樹(さらそうじゅ)」と呼ばれることもあるが、お釈迦(しゃか)様が亡くなったときに近くに生えていたことで有名な「沙羅双樹」は、全く別の熱帯樹のこと。本物の「沙羅双樹」は、日本の風土では育たないそうである。この夏椿(なつつばき)の別名は、「沙羅の木」(しゃらのき)。
  


  今日の誕生日の花:カンナ  花言葉:情熱、尊敬

  今日の一首:たくましくカンナ咲く道続きおり君のようだとあなたが言いき    鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

百日紅(さるすべり)という花

2015年06月28日 | Weblog
これは、禊萩(みそはぎ)科、サルスベリ属の百日紅(さるすべり)という花である。この花の開花時期は、 7/15 ~ 10/15頃というが、此の写真の花は、少し早いようである。百日紅(さるすべり)は、中国原産で日本に移入されたものである。この花のネーミングは、「約100日間(約3っか月)、ピンクの花を咲かせる。」のが由来とか。夏から秋まで咲き続けるのであるが、実際には、一度咲いた枝先から再度芽が出てきて花をつけるため、咲き続けているように見えるのである。
百日紅の花は、しわしわの形、白い花もあるようである。
この花の別名は、「猿滑」とも書くようである。(幹がスベスベで、猿も登れない、ところから。)
百日紅も、秋になると、けっこう早めに落葉する。夾竹桃(きょうちくとう)と同じような時期に咲くようである。
此の百日紅は、東京都調布市の花で、メインストリートの街路樹は、色んな色の百日紅である。
 
 「百日紅 ややちりがての 小野寺」   与謝蕪村(よさぶそん)




  今日の誕生日の花:クチナシ   花言葉:私は幸福すぎる

  今日の一首:クチナシの香りただよう雨の宵こころ静かに人を待ちおり  鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

胡瓜(きゅうり)という野菜

2015年06月27日 | Weblog
これは、瓜(うり)科、キュウリ属の胡瓜(きゅうり)である。この胡瓜は、一番身近な野菜の一つである。
この写真は、我が家の息子のところでポットに植えられている胡瓜の哀れな姿である。
この胡瓜の原産地が何処か知らなかったが、北インド地方が原産地ということである。それは、多分に大昔から栽培されている野菜だからである。日本には平安時代に渡来したということである。この胡瓜は、世界でもっとも多く生食されている野菜だそうである。
この胡瓜も、品種改良がされて色んな種類があるそうである。昔のきゅうりは、へたの部分が苦く、切り捨てていたが、明治以来苦みの少ないものをつくることが品種改良の一大目標。ここ20~30年で苦みの出にくい品種が出回るようになったのである。一方、ウリ科の仲間、ニガウリはその苦みが好まれ、南九州、沖縄では夏の重要な野菜。それは、 解熱、利尿などの薬効があるのだそうである。
胡瓜は、生でももろ味を付けて食べられるし、漬物も美味しい。大きくなった胡瓜は、煮て餡をかけでも食べられるし、それこそ万能野菜である。


  今日の誕生日の花:ササユリ   花言葉:稀少価値

  今日の一首:お祭りの巫女の持ち舞うササユリの淡いピンクのさみしいまでに  鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

藪菅草(やぶかんぞう)という花

2015年06月26日 | Weblog
これは、百合(ゆり)科、ワスレグサ属 (ヘメロカリス属)の藪菅草(やぶかんぞう)という花である。この花は、7~8月頃、野原などでオレンジ色の赤っぽい大きい八重の百合の花が咲くのであるが、この写真の花は、線路際の空き地に咲いて居たものである。この花は、一日でしぼむところから一日花といわれているのである。この藪菅草(やぶかんぞう)の若葉や若芽は、山菜としてたべられているのである。
この花も、有史以前に中国から渡来し、寺院によく植えられたいたそうであるが、今は全国に分布している。
藪菅草の別名は、「萱草(わすれぐさ)」。名前が似ているけど「忘れ名草(わすれなぐさ)」ではない。

 「萱草(わすれぐさ) わが紐(ひも)に付く 香具山(かぐやま)の 故(ふ)りにし里を忘れむがため」 万葉集 大伴旅人




  今日の誕生日の花:ホタルブクロ    花言葉:正義

  今日の一首:ホタルブクロの俯く花にかくしおくほどのかすかな恥ずかしさあり  鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たわわに実った枇杷(びわ)

2015年06月25日 | Weblog
これは、薔薇(ばら)科、ビワ属のたわわに実った枇杷(びわ)の果実である。この枇杷は、専門家のように摘花しないまま実ってしまったのでご覧の様な有様である。この枇杷の開花時期は、11/ 5 ~ 12/25頃で花は白い地味なもので、今漸く食べられるように熟したのである。
この枇杷のネーミングは、葉の形が楽器の琵琶(びわ)に似ているところから名づけられたという。「枇杷」の字は漢名からだそうである。
この枇杷というのは、桃栗三年柿八年枇杷(は早くて)十三年という諺にある様に実はできにくいようである。枇杷の葉は、薬効がるということで入浴剤に使われるようである。霜焼けにも効くと聞いたことがあった。
この小さな枇杷を頂いて食べてみたが、小さいだけで市販の枇杷(びわ)に劣らないほど美味しかったのである。



  今日の誕生日の花:オカトラノオ   花言葉:優しい風情

  今日の一首:朝霧のうごく山原おりおりにオカトラノオは尾を振りいたり   鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用).
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

葡萄のような柊南天(ひいらぎなんてん)の実

2015年06月24日 | Weblog
これは、目木(めぎ)科、ヒイラギナンテン属の恰も葡萄と見間違いそうな柊南天(ひいらぎなんてん)の実である。これは、お隣さんの柊南天の木であるが、この木の上に丁度、葡萄の実でも置いたのかと思ったほどであった。
この柊南天の開花時期は、 2/20 ~ 4/10頃である。が、花のあとでぶどう色の実をつけるのである。その正体が、この葡萄そっくりの実だったのである。この柊南天(ひいらぎなんてん)は、丈夫な植物で日陰でもよく育つそうである。これは、江戸時代初期に中国から渡来したので、春先に小さめの黄色い花がたくさん咲くのである。(ぶどうのような匂いがする♪)この柊南天(ひいらぎなんてん)は、南天お仲間、葉っぱは柊に似てトゲトゲがあるのである。



  今日の誕生日の花:オカトラノオ   花言葉:優しい風情

  今日の一首:朝霧のうごく山原おりおりにオカトラノオは尾を振りいたり   鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用).
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

印度浜木綿(いんどはまゆう)という花

2015年06月23日 | Weblog
これは、彼岸花(ひがんばな)科、ハマオモト属の印度浜木綿(いんどはまゆう)という花である。
この花を最初見たときは、百合の花かと思ったのであった。しかし、百合の花にしては、根本が余りにも立派な葉っぱ過ぎると思い、調べてみた結果、印度浜木綿という花であることが解ったのである。この花は、花茎先端に白いユリ(白百合) のような 花を多数付けるユリ目ヒガンバナ科ヒメノカリス属の耐寒性常緑多年草(球根植物)だそうである 。この印度浜木綿は白色花が代表的であるが、園芸品種には桃色花の品種もあるそうである。なお、この印度浜木綿(いんどはまゆう)というネーミングには、色々と異論もあるようである。此のインドハマユウは、白色花が代表的であるが、園芸品種には桃色花品種もあるようである。



  今日の誕生日の花:レンゲツツジ  花言葉:情熱

  今日の一首:高原はレンゲツツジの朱に燃えてあなたをわたしをかくしてしまう   鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用).
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

茄子(なす)という野菜

2015年06月22日 | Weblog
これは、茄子(なす)科、ナス属の茄子(なす)という野菜である。茄子の開花時期は、 6/ 5 ~ 8/ 5頃ということであるが、最近、栽培技術の進展で、やや年中おめにかかれる時代になったようである。この茄子の原産地は、印度、奈良時代に渡来したという。この茄子のネーミングは、夏に採れる野菜なので「夏実(なつみ)」、それがしだいに変化して「なすび」、それが省略されて「なす」になったという。また、「梨実(なしみ)」が変化したものともいわれる。写真の茄子は、息子のところのポットに植えたものである。
お盆の頃には、道の軒先などでときどき見かける「精霊馬(しょうりょううま)」の、ご先祖様が乗る馬はキュウリで荷を引かせる牛はナスである。
願わくは、この様な慣行は、何時までも続けてほしいものです。
茄子の漬物は、きれいに漬けるためにはヒト工夫が必要だったようである。紫色をきれいに出すためには、金釘を入れれば好いとかでした。また、小生が幼い頃は、おやつなど碌に気の利いたものがなく、この茄子の漬物も丸齧りしたものでした。




  今日の誕生日の花:ヒメサユリ、オトメユリ    花言葉:飾らぬ美

  今日の一首:楚々として咲くヒメサユリ看護婦のあの娘に似ると思いにとどむ   鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用).こn
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

姫女苑 (ひめじょおん)という花

2015年06月21日 | Weblog
これは、菊(きく)科、ムカシヨモギ属の姫女苑 (ひめじょおん)という花である。この花の洋名は、ギリシャ語で早く咲き(春の花)、白い軟毛で覆われた花、という意味のようである。さもありなんこの花は、道端でよく見かける北アメリカ原産の帰化植物なのである。花の開花時期は、 6/ 1 ~ 8/20頃、一見、雑草と見間違いそうにに咲いて居るのである。
この花は、本来「紫苑(しおん)」の漢字が使われるべきなのだが、日本産で「姫紫苑」という別の植物があり、それと区別するため
「姫女苑」の漢字をあてたらしい。
花は、春紫苑(はるじおん)そっくり。その見分け方は、春紫苑 花期が1ヶ月ほど早い。(4~5月頃)つぼみは下向きにちょっと垂れる。白い花の部分はやわらかめ。葉っぱは茎を抱くような形で伸びている。茎は中が空洞。
【姫女苑】花期は夏(6月以降)。つぼみは上向きのことが多い。白い花の部分はピーンと張っている。葉っぱは茎からストレートに伸びている。茎には髄(ずい)という部分が詰まっている。
姫女苑は、咲き始めの時期がちょうど夏前の草刈りの時期とぶつかり、あっけなく切られてしまうことが多い。
11月18日の誕生花 花言葉は「素朴で清楚」
      


  今日の誕生日の花:シモツケ    花言葉:いつかわかる真価

 今日の一首:老夫婦しずかに住める垣にそいシモツケの花ことしも咲けり   鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加