MVKのいろいろ

残り少ない人生、その楽しい余生のあり方を目下研究中

白木蓮(はくもくれん)の花

2015年03月31日 | Weblog
これは、木蓮(もくれん)科、モクレン属の白木蓮(はくもくれん)の花である。白木蓮の開花時期は、 3/10 ~ 4/10頃というから、丁度、今頃である。白木蓮(はくもくれん)の花は、白い清楚な花で花びらの幅が広く、厚みがある。 花は上向きに少し閉じたような形で咲く。それが、辛夷と違うところである。開花しているときの風景は、あたかも白い小鳥がいっぱい木に止まっているように見える。花びらは太陽の光を受けて南側がふくらむため、花先は北側を指す。このことから、「磁石の木」と呼ばれることもある。大きな白木蓮の花が一杯咲いて居る風情は、例えられないような見事なものである。



  今日の誕生日の花:カブ   花言葉:慈愛

  今日の短歌:慈しみ慎み深く咲くものよ山畑隅の蕪の黄の花     鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真っ白い雪柳の群生

2015年03月30日 | Weblog
これは、薔薇(ばら)科、シモツケ属の雪柳(ゆきやなぎ)の満開状態である。雪柳の開花時期は、 3/10 ~ 4/15頃で、この様に雪が積もったかのように一斉に咲く姿は見事なものである。桜が満開だといううのに、この雪柳では、少し不似合かもしれませんが、この雪柳は、桜の木の下で競い合うかのように白い花を一杯咲かせ誇示していたのでした。
この雪柳の原産地は、中国である。雪柳のネーミングは、枝いっぱいに白い花を雪が積もったように咲かせるところから名付けられたというのである。この雪柳は、今に時期だけでなく冬の紅葉もきれいである。
子の雪柳には、「つぼみ」がピンク色の「フジノピンク」という品種もあるという。
この雪柳の別名は、「小米花(こごめばな)」白い小花を米に見立てた姿から。
2月26日の誕生花。花言葉は「愛嬌(あいきょう)」。




  今日の誕生日の花:アマナ   花言葉:運が向いてくる

  今日の一首:一輪のアマナの花をくわえたる使者めく鳥が飛び立ちゆけり  鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)い
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

片栗の花が咲いた

2015年03月29日 | Weblog
これは、百合(ゆり)科、カタクリ属の片栗(かたくり)の花である。昨日、此の片栗の花がさいたのと同時、何時も聞いているNHK深夜便の誕生日の花が一緒だった。これは、偶然とはいえ奇遇としか言いようがない感じである。
この片栗の開花時期は、 3/20 ~ 4/10頃というから丁度今頃である。写真の片栗は、知人の庭に咲いたはなであるが、近くの山地にも生えるところがあり群生しているのである。此の片栗は、ピンク色の花が下向きに咲き、花は陽のあたるときのみ開き、くもった寒い日や雨の日は開花しにくく、時によっては曇ってても温度が高めだと開花するという、なかなかデリケートな花である。また、花が終わったあと、5月頃に葉も枯れたあとはずっと次の年の3月頃まで球根のまま休眠するのである。(1年のうちの10ヶ月の間は地中で過ごす)。
昔は、片栗の球根から”片栗粉”(かたくりこ)を採っていたが、現在は、8割がじゃがいも、2割がさつまいものでんぷんからつくられている。




  今日の誕生日の花:ダイコン   花言葉:適応力

  今日の一首:雪に耐え時間を越えたる大根の素直に白い十字の花よ  鳥海昭子 

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真黄色の連翹(れんぎょう)の花

2015年03月28日 | Weblog
これは、木犀(もくせい)科、レンギョウ属の真黄色の連翹(れんぎょう)の花である。この連翹の開花時期は、 3/20 ~ 4/20頃、これからの花である。この連翹は、古名を「鼬草」(いたちぐさ)といい、中国が原産地ということである。連翹は、写真のようにたくさんの花でまっ黄色に染まるのがとても美しいの花なのである。この花は、ふつうの「連翹」と、「支那連翹(しなれんぎょう)」、「朝鮮連翹(ちょうせんれんぎょう)」の3種類がよく知られているが、見分け方は難しそうでよく分からない。「連翹」→ 丸っこい花びら。「支那連翹」 → 細長い花びら。「朝鮮連翹」 → 細長い花びら。この連翹は、1月24日の誕生花。・花言葉は「集中力」。




  今日の誕生日の花:カタクリ   花言葉:初恋

  今日の一句:万葉の風に堅香子(かたかご)咲きにけり          渡辺萩風

  今日の一首:雪解けの山の斜面を埋めて咲くカタクリの花そよぎ止まざり  鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シデ辛夷の花

2015年03月27日 | Weblog
これは、木蓮(もくれん)科、モクレン属の落葉高木のシデ辛夷という花である。
このシデ辛夷は、北海道から九州にかけて分布し、山野に普通に生え、また、庭木とされるようである。海外では、済州島にも分布するという。シデ辛夷の開花時期は3月、4月頃である。花は、葉の展開に先立って花を咲かせる。辛夷(コブシ)の花は白いが、本種は紅色を帯びる。よい香りのする大きな6弁花である。この写真のシデ辛夷の花は、無いものは無いが、あるものは何でもあると豪語する知人に庭に植えたあるものである。
このシデ辛夷も、紅辛夷だという人もいるようであるが、真偽のほどは、不勉強でよく分からない。



  今日の誕生日の花:ソメイヨシノ   花言葉:優れた美人

  今日の一句:少年兵のままに還らぬ人が顕(た)ちソメイヨシノは今年も咲きぬ   鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

枝垂桜(しだれざくら)

2015年03月26日 | Weblog
これは、薔薇(ばら)科、サクラ属の枝垂桜(しだれざくら)である。この桜は、下垂する、云わば吊り下がるというか、その下がった枝に花が咲く木のことをいうのである。この枝垂桜の開花時期は、 3/20 ~ 4/20頃、3月下旬頃から咲き出すものと、桜より少し遅れて4月5日頃から咲き出すものとがある。この桜は、長い枝を垂れ下げ、その先端にたくさん花をつけるが、八重のものもあるようである。枝垂桜には、「八重紅枝垂(やえべにしだれ)」とか「紅枝垂(べにしだれ)」など、品種がいろいろあるようである。中には、樹齢何百年という古木の銘木が全国各地、至る所にあるようである。




  今日の誕生日の花:ヒヤシンス   花言葉:控えめ愛

  今日の一首:甘やかな香りただよう紫のヒヤシンス置く窓辺あかるし  鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

草木瓜の花が咲いた

2015年03月25日 | Weblog
これは、薔薇(ばら)科、ボケ属の草木瓜の花である。この草木瓜は、近くの村山・山口貯水池辺りにヤブコウウジなどと一緒に自生している花である。が、最近、何処の何方か知りませんが、根こそぎ持って行ってしまい、最近は余り見かけないということである。何故ならば其れは、盆栽としても利用されるからである。この草木瓜は、冬から春にかけてオレンジ色の花が咲く、当然のことながら枝にはトゲある。
この草木瓜の別名は、「地梨」(じなし)(果実は果実酒にされるから。)
木瓜と草木瓜のちがいは
【木瓜(ぼけ)】背が高い。枝のトゲはあまり目立たない。実は草木瓜の実よりも大きくて、色は黄色。縦に「彫り」が入っている。
【草木瓜(くさぼけ)】背は木瓜より低い。枝にトゲがいっぱいある。実はボケよりは小さく、色は黄色。縦に「彫り」は入っておらず、表面はつるつる。



  今日の誕生日の花:チューリップ    花言葉:愛の宣告、魅惑

  今日の一句:遠山に雪のまだありチューリップ            高田風人子

  今日の一首;合掌のかたちの赤いチューリップ今日の私をやさしくします  鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キルタンサスという花

2015年03月24日 | Weblog
これは、彼岸花(ひがんばな)科、キルタンサス属のキルタンサスという花である。この花は、南アフリカ原産で、花は筒型でうすピンク色、別名を「キルタンツス」とも呼ばれている。この花のネーミングは、ギリシャ語で「曲がった花」のことをいうそうである。そういえば、なんとなく花が湾曲しているといえなくもない感じである。この花は、近所の知人のところに咲いて花であるが、名前がわからず調べた結果、漸く解ったものである。長いこと人間をやって居ても、知らないことが如何に多いことか、このキルタンサスという花は、始めて見た(知った)花なのである。


  今日の誕生日の花:レンギョウ   花言葉:達せられた希望、情け深い

  今日の一句:連翹に挨拶ほどの軽(かろ)き風               遠藤悟逸

  今日の一首:レンギョウの鮮やかに咲きいたる庭今日旅立ちの子らを見送る  鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真っ白い木瓜(ぼけ)の花

2015年03月23日 | Weblog
これは、薔薇(ばら)科、ボケ属の木瓜(ぼけ)の白い花である。この木瓜(ぼけ)の開花時期は、11/25 ~ 翌 4/15頃である。この木瓜は、11月頃から咲き出す花は春に開花するものと区別するために「寒木瓜(かんぼけ)」と呼ばれることがある。この木瓜の原産地は、中国であり、大分昔に移入したものである。この木瓜(ぼけ)のネーミングは、実が瓜のような形であるところから「木瓜」と名付けられたものである。この木瓜の花の色は、赤、白、ピンクなど多彩である。なお、木瓜には、枝にトゲがある場合とない場合がある。何方かといえば棘がある方が多いようである。


  今日の誕生日の花:ムスカリ   花言葉:夢にかける思い

  今日の一首:いつか咲く今日は咲くかと願う日に少し遅れしムスカリの花  鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミモザアカシアの黄色い花

2015年03月22日 | Weblog
これは、豆(まめ)科、アカシア属のミモザアカシアという真っ黄色の花である。このミモザアカシアの黄色い花は、咲くと豪華な圧倒的な迫力のある花である。このミモザアカシアの開花時期は、 3/ 5 ~ 4/10頃というから、丁度、今頃である。このミモザアカシアの原産地は、・オーストラリア。この木は、けっこう大木になるので始末に困って切り倒してしまったお宅もある。アカシアは、色んな種類があり、葉が銀灰色をしているものは「銀葉(ぎんよう)アカシア」と呼ぶ。また、ニセアカシアという木もある。このアカシアというの言は、ギリシャ語のとげのある、鋭い、というのが語源である。南アフリカでは、此の木の樹皮からゴムなどを採取するそうである。
この原産地のオーストラリアの国花は、房アカシアによく似た「ゴールデン・ワトル」とか。



  今日の誕生日の花:ミツバツツジ   花言葉:節制

  今日の一首:約束はときに切なくあるものよミツバツツジは三つの葉あり  鳥海昭子

 (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加