MVKのいろいろ

残り少ない人生、その楽しい余生のあり方を目下研究中

新春賀詞

2014年12月31日 | Weblog
あけましておめでとう🎊ございます


元旦
「旦」は「日の出・朝」の意味で、「元旦」とは1月1日の朝を指す。

初詣
年が明けてから、初めて神社仏閣に参拝すること。
氏神様やその年の恵方に当る方角の社寺にお参りをして、その年の無事と平安を祈る。「恵方」とは、その年の福徳を司る神「歳徳神」の所在する方角のことで、何事をするにも最も良いとされる方角のことである。

若水
元日の早朝に井戸から水を汲んで神棚に供えること。またその水のことも「若水」と言う。
朝早く、まだ人に会わないうちに汲みに行き、もし人に会っても口をきかないしきたりだった。若水は一年の邪気を除くと信じられ、神に供えた後その水で家族の食事を作ったり、口を漱いだりお茶を立てたりした。

四方拝
天皇が、午前5時半(昔は寅の刻)に束帯を着て神嘉殿の南座(昔は清涼殿の東庭)に出御し、皇大神宮・豊受大神宮・天神地祇・天地四方・山陵を拝し、宝祚の無窮・天下太平・万民安寧を祈る儀式。


  今日の誕生日の花:マツ     花言葉:不老長寿、向上心

  今日の一句:元日や神代のことも思はるヽ    守武

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カランコエ(紅弁慶草)

2014年12月30日 | Weblog
今日は12月31日、大晦日,大晦 (1年の終りの日)
大晦日に年越し蕎麦を食べる習慣は江戸時代中期から始ったものである。元々月末に蕎麦を食べる習慣があり、大晦日のみにその習慣が残った。金箔職人が飛び散った金箔を集めるのに蕎麦粉を使ったことから、年越し蕎麦を残すと翌年金運に恵まれないと言われる。
除夜の鐘は108回撞かれる。眼・耳・鼻・舌・身・意の六根のそれぞれに苦楽・不苦・不楽があって18類、この18類それぞれに浄・染があって36類、この36類を前世・今世・来世の三世に配当して108となり、これは人間の煩悩の数を表すとされている。


これは、弁慶草(べんけいそう)科、カランコエ属のカランコエ、別の名を紅弁慶草(べにべんけいそう)という花である。このカランコエは、秋から冬にかけて咲く花で、しかも、赤く強壮な花である。実は此の花は、昨日、12月29日の誕生日の花だった。したがって、季節の花として、今日、此処に
再度、紹介するものである。


今日の誕生日の花:アオキ   花言葉:若く美しく

  今日の一句:つぎつぎに子が着き除夜の家となる   福田甲子雄

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハナミズキの赤い実

2014年12月29日 | Weblog


花水木(はなみずき)は、水木(みずき)科、ミズキ属の植物で、開花時期は、 4/10 ~ 5/10頃。水木の仲間で、花が目立つのでこの名前に。秋につける赤い実と、紅葉も見事なのである。
散歩の途中、冬枯れで花が乏しい此のごろ、珍しく花水木の赤い実が目に付いたのである。花水木は、秋になると真っ赤な細長い実が付くことは知られているが、それが今ごろまで残っているのは大変珍しいのではないかと思う。多分、花水木が植えてある環境が良かったためではないかと思う。花水木の赤い実も、これで今年最後の見納めである。

  今日の誕生日の花:ベニベンケイ、カランコエ   花言葉:幸福を告げる

  今日の一首:花と葉と抱きつ抱かれるおもむきのカランコエ咲く今日のうれしさ  鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オンシジウムという花

2014年12月28日 | Weblog
これは、蘭(らん)科、オンシジウム属のオンシジウムという花である。このオンジジュームは、我が家の近所の知人宅で咲いていたものである。なお、もう一軒の友人のところでも咲いているのである。
この花は、寒さには強く、しかも育て易い花なのかも知れない。でも、かって我が家でも育てたことがあるが、管理不十分でとうとう枯らしてしまった苦い経験がある。およそ此の蘭(らん)科の花は、温度管理と水遣りが欠かせないようである。寒さには強いといっても、油断は大敵、水遣りも時期相応の対応、努力が必要、でないと綺麗な花は咲いて呉れないようである。
紹介記事に次のような一文があった。

オンシジュームは中南米のあちこちに生息して、原種だけでも400種類以上が分布しています。全ての品種が樹木に着生して育っている着生蘭です。洋ランの中では育てやすく、温室も必要せずに育てる事ができます。花期は種類によってまちまちで、夏から秋頃に咲くもの、冬から春に咲くもの、不定期咲きの種類もあるようです。洋蘭の中では少し地味に見えますが、小さく黄色や茶色の花を沢山咲かすとても魅力的なランです。開花してから40日から50日ぐらい楽しむ事ができ、切り花にしても花もちがよいので、切り花も流通しています。

  今日の誕生日の花:カトレア     花言葉:優雅な人

  今日の一首:羽衣を纏う天女のおもかげにカトレアの花守られて咲く  鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用).
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蔓梅擬(つるうめもどき)

2014年12月27日 | Weblog
今日は、12月28日 官公庁御用納め,仕事納め
官庁で、年末年始の休みの前のその年の最後の事務をとること。また、多くの民間企業でもこの日が仕事納めとなる。
1873(明治6)年から、官公庁は12月29日から1月3日までを休暇とすることが法律で定められており、28日が仕事納めとなる。

これは、錦木(にしきぎ)科、ツルウメモドキ属の蔓梅擬(つるうめもどき)である。この蔓梅擬(つるうめもどき)は、散歩の途中、赤い実が一際目立つていて、思わず立ち止まるほどであった。この蔓梅擬は、名前の通り蔓性の樹木だあるが、写真の蔓梅擬は、普通の樹木のように高く生えていたのだった。山に生えている蔓梅擬は、此れまで大きくなるには、それ相当の年数を経ているからだと思う。

蔓梅擬(つるうめもどき)は、晩春から初夏に、葉のわきに黄緑色の小さな花が咲き、秋に鈴なりについた緑の実が黄色く熟し、晩秋から初冬に黄色い果皮が3つに割れ、赤橙色の仮種子(種を包んでいる皮)が顔を出すのである。


  今日の誕生日の花:ロウバイ  花言葉:慈愛心、思いやり

  今日の一首:ロウバイの甘く香れる玄関に御用納めの夕べ靴ぬぐ  鳥海昭子
  
  (NHKラジオ深夜便から引用)
  
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

花麒麟(はなきりん)という花

2014年12月26日 | Weblog
これは、灯台草(とうだいぐさ)科、ユーフォルビア属の花麒麟(はなきりん)という花である。この花は、最初、葉の基部にいっぱい鋭いとげがあるのでサボテンの仲間かと思ったがさにあらずであった。サボテンには、よく似た「モクキリン」という花がある。この花キリンは、アフリカのマダガスカル島原産、大正時代に渡来した比較的新しい花である。かって我が家にも有ったことがあるが、寒さに注意すれば年中花を楽しませてくれるありがたい花である。
・別名 「キスミークイック」・12/12の誕生花・花言葉は「自立、独立」

  


   今日の誕生日の花:ナンテン   花言葉:福をなす、良き家庭

  今日の一句:日当たればみんなしあはせ寒南天              星野麦丘人

  今日の一首;化粧塩きりりと鯛はナンテンの葉にのせられて万事よろしき  鳥海昭子
  
  (NHKラジオ深夜便から引用)
.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カーネーションという花

2014年12月25日 | Weblog
これは、撫子(なでしこ)科、ナデシコ属のカーネーションという花である。今頃、母の日でもないのにカーネーションでは、奇異に思われるかもしれません。聞くところによると、真偽のほどは定かでないが、母の日は、12月にもあるという。それはさておき此のカーネーションは、お隣から頂いた切り花なのである。お隣さんは、昵懇な人が花屋で、時々お手伝いをされているようである。したがって、フラワーアレンジメントも心得ておられるようで、近所の方が花束などを依頼することもあるようである。このカーネーションという花は、売れ残りではないと思うが、惜しむらくは、真っ赤な花一色だけである。
余談だが、撫子(なでしこ)科の花は、はるか想像を超えるように物凄く沢山あるようである。昔カーネーションは、品種改良が難しかったためなのか、花を生ける水に染料を入れて色んな花を作ったことがあるようである。また、このカーネーションという花は、挿し枝でも増やすことができるそうである。カーネーションの別名は、「オランダ石竹(せきちく)」である。


   今日の誕生日の花:フユベゴニア    花言葉:愛の告白

  今日の一首:ひめやかな片思いなどありましてフユベゴニアを育てています   鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パンジー

2014年12月25日 | Weblog

これは、菫(すみれ)科、スミレ属のパンジー、別の名を三色すみれという花である。この花は、先日、シクラメンと一緒に花屋さんから買ってきたものである。これも、シクラメン同様、通りすがりに見過ごせないので購入してきた花である。パンジーという花は、菫の園芸品種だということであるが、沢山の品種があるそうである。菫(すみれ)科にビオラという花があるが、このパンジーとどこがどう違っているのか詳しいことは分からない。人の話では、紫色をしている花をビオラというのだということだった。パンジーの開花時期は、10月ごろから来年の初夏ころまで長丁場だそううである。


   今日の誕生日の花:クリスマスローズ    花言葉:追憶

  今日の一首:思い出は少しさみしくさはあれど今日の窓辺のクリスマスローズ  鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シクラメンという花

2014年12月23日 | Weblog
今日は、12月24日、クリスマス・イヴ(キリスト降誕祭)の前夜。



これは、桜草(さくらそう)科、シクラメン属のシクラメンの花である。この花は、紛れもなく此の季節の花である。シクラメンといえば、つい先日、小椋佳 作詞作曲作「」シクラメンのかほり」の作者本人がテレビに出演した。シクラメンという花は、香りがあったのだと思うが、最近、埼玉県がバイオテクノロジーを駆使して新しい香りの品種を開発したという報道もあった。斯様に、この季節は、好むと好まざると拘わらずシクラメンの話題満載というところである。
我が家には、一か月前、此処に紹介したことがある花とミニシクラメン一鉢がある。それなのに先日、直ぐ近くの花屋の前を通りがかったら、目を引く様なシクラメンがあったのである。その場を素通りすることが出来ず、とうとう購入してしまったのである。それが、此のシクラメンなのである。


  今日の誕生日の花:シャコサボテン   花言葉:美しい眺め

  今日の一首:蕾そろうシャコサボテンの鉢を置く聖夜にありて想う人あり  鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真弓(まゆみ)の花

2014年12月23日 | Weblog
これは、錦木(にしきぎ)科、ニシキギ属の真弓(まゆみ)の花である。この花は、一か月前、散歩の途中、見かけたものである。この真弓という木は、日本と中国の林に自生するそうだある。また、秋には、果実と種子、紅葉を楽しむ庭木として親しまれ、盆栽に仕立てられることもあるそうである。この木のネーミングは、昔、この木で弓を作ったので「真弓」となったという。また、この真弓の材では、こけしや将棋の駒をつくったという。また、食べたことは無いが 春、この若葉を菜飯(なめし)として食べるとおいしいらしい。
我が家の直ぐ裏に、弓の錬士だか教士の大先生がいるが、真弓の木のことはよく知らないようだった。


   今日の誕生日の花、ユズ   花言葉:健康美

  今日の一句:吾子はをみな柚子湯の柚子を胸に抱き  山口青邨

  今日の一首;さわやかな香り立ちたるユズの湯に幼き子らの湯を飛ばしいき  鳥海昭子   

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加