MVKのいろいろ

残り少ない人生、その楽しい余生のあり方を目下研究中

姫柘榴(ひめざくろ)という花

2016年10月28日 | Weblog
これは、柘榴(ザクロ)科、ザクロ属の姫柘榴(ひめざくろ)という花である。これは、落葉小高木で原産地は、アジア~ヒマラヤ地方である。姫柘榴の別名は、(ナンキンザクロ-南京石榴、イッサイザクロ-一歳柘榴、プニカ、ハナザクロ-花柘榴)
姫柘榴は、葉や花が小さく、成長しても1mくらいにしか育たない。朱紅色一重の小花が春~秋に咲き、四季咲き性が強く周年開花し結実もする。ただし、八重咲きの「ヒメヤエザクロ」は結実しない。ザクロには「一実百花」の喩えもあり、「花が百咲きようやく1果が実る」如くなかなか実がつきにくい果樹とされている。



  今日の誕生日の花:ウメモドキ   花言葉:明朗

  今日の一句:まなじりに雨の一粒うめもどき     小島千架子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 木立朝鮮朝顔(きだちちょう... | トップ | 冬桜(ふゆさくら)という花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL