MVKのいろいろ

残り少ない人生、その楽しい余生のあり方を目下研究中

段菊(だんきく)という花

2016年11月07日 | Weblog
これは、熊葛(くまつづら)科、カリガネソウ属の段菊(だんきく)という花である。この花は、晩夏から秋にかけて、紫色の花が段々になって咲くのである。その様子を擬えて段菊(だんきく)というネーミングに。段菊は、日本、朝鮮半島、中国、台湾などに分布する多年草で、日当たりのよい草原や岩場の斜面に群生し、日本では主に九州に分布、対馬で多く見られれる。これは、暖地や平地では灌木のように茂って毎年花を咲かせるのである。



  今日の誕生日の花:ダイモンジソウ    花言葉:自由

  今日の一首:のびやかにこころのままに居たい日の想いの中の大文字草  鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 菊(きく)の花 | トップ | 満天星躑躅(どうだんつつじ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL