MVKのいろいろ

残り少ない人生、その楽しい余生のあり方を目下研究中

鈴蘭(すずらん)という花

2017年05月05日 | Weblog
これは、百合(ゆり)科、スズラン属の鈴蘭(すずらん)という花である。この花の開花時期は、 4/15 ~ 5/15頃である。写真の鈴蘭は、まさに”鈴”そのもの。ネーミングは、そのものであある。ただし、スズランは、蘭科ではなく、ゆり科である。この花は、とても美しいが有毒なのである。牛や馬に食べられずに残るため、牧草地に群生していたりする。鈴蘭の別名は、「君影草」(きみかげそう)「谷間の姫百合」(たにまのひめゆり)。
5月2日の誕生花 花言葉は 「意識しない美しさ、純粋」
 


  今日の誕生日の花:シャクナゲ    花言葉:威厳

  今日の一首:豊作を願う石楠花採りて来し学徒の戦死語りつぐべし     鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)     
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 庭石菖 (にわぜきしょう)と... | トップ | 姫檜扇(ひめひおうぎ)という花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL