MVKのいろいろ

残り少ない人生、その楽しい余生のあり方を目下研究中

未央柳 (びょうやなぎ)という花

2017年06月13日 | Weblog
これは、弟切草(おとぎりそう)科、オトギリソウ属の未央柳 (びょうやなぎ)という花である。この花の開花時期は、 6/ 1 ~ 7/15頃で、原産地は、中国である。これは、澄んだ黄色の花をいっぱい咲かせるのであり、長いおしべが花から、はみ出ている。
未央柳 (びょうやなぎ)の別名は、「美女柳(びじょやなぎ)」「美容柳(びようやなぎ)」「金線海棠(きんせんかいどう)」
7月14日の誕生花 花言葉は「幸い」



  今日の誕生日の花:センダン    花言葉:意見の相違

  今日の一首:ご意見のちがいはちがいセンダンの花たかだかと梅雨空に咲く   鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日日草(にちにちそう)という花 | トップ | バーベナという花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL