MVKのいろいろ

残り少ない人生、その楽しい余生のあり方を目下研究中

山法師(やまぼうし)という花

2017年05月19日 | Weblog
これは、水木(みずき)科、ミズキ属の山法師(やまぼうし)という花である。この花の開花時期は、 5/ 5 ~ 6/15頃である。「山法師」の名前は、中央の丸い花穂を坊主頭に、4枚の白い花びらを 白い頭巾に見立て、比叡山延暦寺の「山法師」になぞらえたのが、この花のネーミングである。秋には実がイチゴのように赤く熟す。花水木とよく似ているが、咲く時期が花水木より2週間ほど遅く、また、花の先端がとがっている。中国名は「四照花」。枝いっぱいに花が咲いたときの、四方を照らす様子を表現している。別名は、「山桑(やまぐわ)」
6月15日の誕生花 花言葉は「友情」



  今日の誕生日の花:シラネアオイ   花言葉:優美

  今日の一句:白根葵咲きて村々はるかにす    伊藤敬子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大手毬(おおてまり)という花 | トップ | 紫露草(むらさきつゆくさ)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL