MVKのいろいろ

残り少ない人生、その楽しい余生のあり方を目下研究中

パイナップルセージという花

2016年11月12日 | Weblog
これは、メキシコ・グアテマラ原産のシソ科サルビア属の多年草の常緑低木のパイナップルセージという花である。これは、成育すると1メートルくらいの木になり、赤い花と葉っぱにはパイナップルに似た甘い香りがするハーブである。食べるには向かず、香りをお酒に移したり、ドライフラワーにして香りを楽しむといった用途に利用される花である。
草丈は1m~1.5m、地下茎を伸ばしてそこから芽を出して1株で60cmくらいの範囲に茂るのである。1日の日長が一定の時間より短くなるとそれに反応して花芽を付ける短日植物で、秋が深まる頃から冬が始める時期にかけて花を咲かせる。花はやや細長くて長さ4cmほどになります。色は目の覚めるような緋色で目を惹く花である。



  今日の誕生日の花:ヤクシソウ   花言葉:にぎやか

  今日の一句:からまつに十一月の雨の音     野中亮介

  (NHKラジオ深夜便から引用)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤花常盤満作(あかはなとき... | トップ | ストックという花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL