MVKのいろいろ

残り少ない人生、その楽しい余生のあり方を目下研究中

宝鐸草(ほうちゃくそう)という花

2017年05月16日 | Weblog
これは、百合(ゆり)科、チゴユリ属の宝鐸草(ほうちゃくそう)という花である。この花の開花時期は、 4/20 ~ 5/10頃、林の中などの陰地に生える花である。この花のネーミングは、宝鐸(お寺の堂の四隅の軒に下げた鈴)に似ている筒形の花だからという。実は、秋に青黒く熟す。(黄色い花の「黄花宝鐸草(きばなほうちゃくそう)」というのもある。)



  今日の誕生日の花:バラ   花言葉:愛

  今日の一首:バラ百本いただきにけり恥ずかしいできごとなどはかくして匂う  鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紫陽花(あじさい)という花 | トップ | ジャーマンアイリスという花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL