MVKのいろいろ

残り少ない人生、その楽しい余生のあり方を目下研究中

八重山吹(やえやまぶき)という花

2017年04月19日 | Weblog
これは、薔薇(ばら)科、ヤマブキ属の八重山吹(やえやまぶき)という花である。この花の開花時期は、 4/15 ~ 5/ 5頃である。花の色は、”やまぶきいろ”と呼ばれ鮮やかな黄色。山吹より咲き始めが遅い。
普通の山吹には実がなるが、この八重山吹には実はならない。
「七重八重 花は咲けども 山吹の 実のひとつだになきぞかなしき」の詩に交わる故事は、あまりにも有名である。
それは、山道の一軒家に雨宿りを願った武将の太田道潅(おおたどうかん)に貸す蓑(みの)すらないと。その家の女性は、八重山吹を差し出して以上の短歌を詠んだという話である。
八重山吹は、実をつけないことから、”みのひとつだになき”を掛けたのであった。




  今日の誕生日の花:ヤマブキ 花言葉:気品、待ちかねる

  今日の一首:時を待ち人待つことのかすかなる風にうなずく山吹の花   鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
.


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蔓日日草(つるにちにちそう... | トップ | 紫蘭(しらん)という花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL