MVKのいろいろ

残り少ない人生、その楽しい余生のあり方を目下研究中

ストックという花

2017年02月08日 | Weblog
これは、油菜(あぶらな)科。、アラセイトウ属のストックという花である。これは、春の南房総で
 たくさん見かける花で、2月、3月が切り花出荷のピークらしい。この花は、地中海地方原産でギリシャ時代から栽培され、古代ギリシャやローマ時代では、薬草として利用されていたという。子の花のネーミング「ストック」は、英語名で「幹」や「茎」を意味し、しっかりした茎を持つことに由来する。ストックの別名は、「紫羅欄花(あらせいとう)」
1月25日、2月24日、12月21日の誕生花 花言葉は、「未来を見つめる、努力、思いやり」



  今日の誕生日の花:カンボケ   花言葉:熱情

  今日の一句:寒木瓜を花より朱き草に置く            水原秋櫻子

  今日の一首:寒の陽をはねかえしたるカンボケの心根朱し素朴に朱し  鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白木蓮(はくもくれん)の蕾 | トップ | アネモネという花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事