MVKのいろいろ

残り少ない人生、その楽しい余生のあり方を目下研究中

梅擬(うめもどき)の赤い実

2016年10月24日 | Weblog
これは、黐の木(もちのき)科、モチノキ属の赤い実のなる梅擬(うめもどき)の木である。この梅擬(うめもどき)のネーミングは、葉や枝ぶりが梅に似ており、また、実のつき方も小さな梅の実のように
見えることから「梅もどき」になったそうである。この梅擬(うめもどき)は、晩秋から初冬にかけて赤い実をつける。この実は、発芽抑制物質を含んでおり、小鳥のおなかを通過しないと発芽しないしくみになっていて小鳥を使ってタネを遠くの方に運んでもらうといいう。
11月1日の誕生花 花言葉は「知恵」



  今日の誕生日の花:ダンギク(段菊)  花言葉:忘れ得ぬ思い

  今日の一首:忘れ得ぬ思いの中の友なれどその後を知らずダンギク咲けり  鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初雪草(はつゆきそう)という花 | トップ | シクラメンという花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL