MVKのいろいろ

残り少ない人生、その楽しい余生のあり方を目下研究中

桔梗(ききょう)という花

2017年08月17日 | Weblog
これは、桔梗(ききょう)科、キキョウ属の桔梗(ききょう)という花である。この花の開花時期は、 6/10 ~ 8/10頃で、秋の七草のひとつである。この花のネーミングは、漢名の「桔梗」を音読みしたら「ききょう」でした。花の色は、紫または白、開花直前の丸くふくらんだ状態がおもしろい。これは、開花前には花びらが互いのふちでくっついたまま膨れていくために、つぼみのときは風船のようにふっくらして見えるのである。漢方では、根を干してせきやのどの薬にする。
8月12日、9月2日の誕生花 花言葉は「清楚、気品」




  今日の誕生日の花:ヒャクニチソウ(キク科)   花言葉:友への思い
 
  今日の一句:天を仰ぎよく笑いたる友ありき ヒャクニチソウが咲けば想わる 

  (NHKラジオ深夜便から引用)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コスモスという花 | トップ | 鶏頭(けいとう)という花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL